集客したら商品説明

      2018/03/07

ビジネスの入り口は集客です

集客したら、販売しましょう。

雨降りの富山です。
 
本日は新潟から山形経由で仙台までの予定。

一応、スタッドレスタイヤに変えてきたけど、どうせなら、降らない方が嬉しいな。

もっとも、現地の方々は雪が降ることによって、除雪を筆頭に関連のお仕事があるので、こころ待ちにしてる方もいるのだとか。
 
で、本日の本文は集客した後の商品説明について。

間違った商品説明をしてませんよね?
 
必要以上に説明すると売れなくなるよ

#千日発信修行
#発信オリンピック

◆ 集客したら商品説明
 
集客の目的はどこですか?

この質問をすると、間違える方がたくさんいます。

ほとんどの方が、「販売」と答えてしまう。

そして、いきなりの商品説明。

もし、あなたが、そんな商品説明をされたらどうします?

もちろん、集客の方法にもよるのですが、そんなに興味ない商品をいきなり売りつけるのは、食事に誘った女性をいきなり押し倒すようなもの。

そりゃ中には、すぐに商品を買って下さる方もいるかもしれませんが、集客全体に要したコストの元が取れますか?
 
高額商品で、かつ、粗利率が良い商材なら、それでもビジネスが成り立つかもしれませんが、カカトコリさんに言わせると、実にもったいない。

集客に反応してくれるんだから、興味がないわけないじゃないか

と、反論されそうですね。

たしかに、興味があるから売る側の集客に興味を示し、リアクションをしてくれたのでしょうが、興味のレベルはバラバラです。

なので、商品説明が必要になるんですよね。

で、肝心の商品説明で失敗してしまう。

失礼。

そもそも、失敗と思ってないというか、せっかく集めた見込み客にもっと販売する方法があることを知らないんだから、失敗とも思ってないんでしょうね。

集客の目的は販売だという考え方を否定する気はないんですが、そのプロセスの途中に、「ご縁づくり」という考え方を導入されてはいかがでしょう?

売る側は、商品の機能を説明しがちなんですが、お客さまからすると、マニアかオタクでもない限り、商品の機能にはあまり興味はありません。
 
それよりも、一番興味があるのは自分自身の事です。

その商品を買ったり、使ったりすると、自分の未来にどんな素敵なことが起こるのか。

自分の近い未来、将来にしか興味はありません。

ミリオンセラー作家の山田真哉さんからヒントをもらったことがあります。

書店営業をするときには、一般消費者の行動に着目すると良いよ、と。

カカトコリさんも一応、ビジネス作家の端くれですから、実際に書店に足を運び、一般消費者の行動を観察してみました。

それなりの規模の書店から、個人経営の小さな書店まで全国の約5000軒の書店さんを回ってみて気づいたことがあります。

それは「人は夢を買っているんだ」ということ。

たとえば、アイドルの写真集。

アイドルのような恋人ができないかという夢。

釣りの雑誌。

仲間に自慢できるような大物を釣りたいという夢。

お弁当本。

「ママ素敵」と子供やご主人に褒められたいという夢。

女性向けファッション誌

「可愛い」とか「素敵」とか「おしゃれ」などと、羨望のまなざしで見られたいという夢

などなど

ご縁が出来て、見込み客の許可が得られたら、自社の商品を買ったり、使ったりすることで、どんな夢がかなうのか、事例を紹介したら、あなたのどんな夢がかないますか?

きっと、お互いにハッピーなご縁が続くことでしょう。

ということで

次回からはジャンルを「2017販売」として、販売にフォーカスして更新しますので、お楽しみに。

ちなみに「集客」に興味がある方は「2017集客」のジャンルで書いてるので、よかったら過去記事も読んでみてくださいネ

きっと、あなたのお仕事にも使えるヒントがあるはず。

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/books_dvd

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 - 2017集客 , , ,