販売したければ客になれ

      2018/03/07

ビジネスの入り口は集客です

集客したら、販売しましょう。

「う~ん、確かにそうなんだけど、スケジュールがなかなか合わなくて」
 
どうせなら、岡山よりも、東京とか大阪の方が、時間もお金もかかるんだけど、濃さが違うので、優先順位が上位に来ない。
 
何のことかと言うと、自分がバージョンアップしたいことに対しての話し。
 
昨夜も某所でこんな発言をしたんだけど、たぶん体験しないと理解には至らないんだろうなぁ。

「月々数千円の会費の勉強会と、一回の参加費が20万円のセミナーだと、どっちが参加者の意識が高いと思います?」
 
逆に言えば、カカトコリさん自身も時間を作って、他の先生のセミナーとかに参加して参考になる部分をパクる必要があるんだけどね。

昔は、毎月、東京に通ってた時期もあるけど、最近はサボってるなぁ。

と、この数週間、反省する場面が多い。

来年は、東京にも出張する機会を増やす予定。

そんなことを、プロの動画を見つつ、やっぱりライブよなぁと反省。

そして、その横で、朝礼が終わった瞬間に、ライブのチケット手配をしてるスタッフたち。

遊びの段取りもできない人に、仕事の段取りはできないので、寛容な気持ちで見守るしかないな(苦笑

◆ 販売したければ客になれ
 
かのドラッカーも言っている。
 
「成果は外にある」と、その著書『経営者の条件』(ダイヤモンド社)の中で。
 
いろんな会社があるとは思うけど、カカトコリさん的には、「どこから買うかはお客さまが決めるので、良いと思ったことはやってみる」と解釈している。
 
そういう意味で、誤解されてるクライアントさんもいらっしゃる。

たとえば、キャチコピー。

いくつか候補が残って、どちらを採用すべきか悩んで、「どっちが良いですか?」という相談をされる方がいらっしゃる。

神でもないのに、将来起こることなんか予言できるわけがない。

そういう時は、良いと思ってるわけだから、両方を試してみるしかない。

なぜなら、そのキャッチコピーにキャッチされるかどうかは、お客さまの中にしか答えが無いのだから。
 
そして、同じ発想で言えば、自分でお金を払う立場になれるなら、実際にお金を払ってお客になってみる事を強くお勧めする。
 
特に、サービス業の方。
 
実際に、お金を払うことで、金額の妥当性とか、お店に着いてから、離れるまでの一連の行動を感情的に理解できるようになる。

さらに、同業社のお客さまにもなってみる。

どうやって、集客しているのか
 
どうやって、おもてなししてくれるのか

どうやって、フォローして、どうやって、リピーター化しようとしているのか。
 
特に、顔バレしていなければ、何でもありで研究することができる。

で、実はここからがもっと大切な部分。

感性の悪い馬鹿な奴は、同業者をぱくって安売りをしようとする。

経営者たるもの、使った時間と使ったお金の元は取らないでどうする。

つまり、同業社研究をするときには、「こんなことをしてくれた方が、もっと嬉しいのになぁ」という、同業社がやってないことを自社で先にやって、かつ、その付加価値分の差額をお客さまに負担してもらえるように磨くのである。
 
前にも話したことがあるように、不便が便利になった時に人はお金を払うんだからね。

そして、同業社以外からもパクる。

どんな仕事でも、売上をいかに増やすか、利益をいかにして上げるかを追求している。
 
その本質的な部分は業種や業態に関係なく同じ。
 
なので、大切なのでもう一度言うよ。

経営者たるもの、使った時間と使ったお金の元は取らないでどうする(怒)
 
ちなみに、カカトコリさんは仕事柄、いろんなセミナー主催者の方を一緒にお仕事をすることもある。

そんな時には、「もっとこうしたほうが良いんじゃない?」という話しもするし、逆に見習う点は参考にさせえてもらっている。
 
もちろん、パートナーコンサルタントのみんなからもいろいろと学ばせてもらっている。

すべては、お客さまやクライアント様のために

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/books_dvd

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 - 2017販売 , , , ,