販売は科学

      2018/03/07

ビジネスの入り口は集客です

集客したら、販売しましょう。
 
昨日は、山口から広島に移動。
 
今日は広島から、明日の鳥取、島根のクライアントさん訪問のため、移動なんだけど、峠の雪が気になる、気になる。
 
勘に頼っても仕方ないので、インターネットで情報収集しながらの移動になります。
 
いくら、頑張っても、自然現象には勝てんからなぁ。
 
販売も同じ。

「頑張ったから売れた」と思ってるうちは、ビジネスは上手くいかないよ。
 
頑張れなくても、売れるようにしなきゃ。

誰だって、生身だから、病気にもなれば、けがをするときもある。
 
恋人ができれば、デートも忙しいし、出産や育児を優先しなきゃならない時もあるし、そのうち、親の介護にも手を取られるようになってくる。

そんなときにも、安定して売り上げが出せますか?

◆ 販売は科学
 
そもそも、「科学」というと、勘違いする方も多い。

端的に言えば「黒字なら良いんでしょ?」という勘違い。

念のため、言っておくけど、黒字でも赤字でもどうでも良いなんて言ってるんじゃなく、黒字じゃないと継続できないので、黒字は当たり前という前提での話し。
 
もちろん、先行投資的な赤字や、毎月の売り上げ変動による赤字は、本日の主題ではないので、横に置いておく。
 
「科学性」とは、再現性があるのか?という視点。

つまり、「売れた」と「売った」の違いだと思ってください。

たまたまの売上なのか、意識的に仕掛けたことで販売が出来たのかの違いと言えば、理解していただけるだろうか。
 
カカトコリさんはいつもセミナーの冒頭で質問するようにしている。
(さすがに講演会など、参加者が多いときには、担当者にしか聞かないけど)
 
「なにがきっかけで、このセミナーを知りましたか?」

「なにがきっかけで、参加してみようと思いましたか?」
 
何が目的でこんな質問をしているか解りますか?
 
お客さまの導線がどうなっているか、仕掛けたことが無駄になっていないかを確認するための質問なのです。

ちなみに、専用メルマガか、どこかで直接お会いした方がほとんどです。
 
なぜ、調べるのかと言えば、限られた時間やお金をどのように使うことが効率的なのかを調べると同時に、効果性の低い時間やお金を使わないようにするため。
 
こんな広告を見たことありませんか?
 
「このクーポンをご持参の方30%オフ」などと、クーポンのついた広告。

クーポンを集計したら、どの広告が反応率が高いのか、判断できますよね。

さらに、媒体事に、例えば、産経新聞にはSKとか、毎日新聞にはMYとか整理記号を付けておくと、どの媒体と相性が良いのかまで判断できます。(折込でも)
 
『私はどうして販売外交に成功したか』と言う、営業や販売のお仕事をしている方は必読のロングセラーがあります。

著者のフランク・ベドガーは元大リーガーでピッチャー。

大リーガーのピッチャーはバッターのデーターを分析し、対策を練るそうです。

怪我で大リーグを卒業したフランク・ベドガーは最初はまったく売れない営業マンで、職を転々としたそうです。

ところが、大リーガー時代にデーターを分析して好成績を納めていたことを思い出し、販売の仕事でも応用し、ギネスブックにも載るような成功を成し遂げることが出来たそうです。
 
訪問外交だろうが、広告やちらしだろうが、その気になれば、データーを取る方法はあります。

ぜひ、お仕事のあらゆる場面で、科学性を意識してみませんか?

勘ピューターや、思い込みで経営しているよりも、再現性が持てるようになるはず。

経営者、特に創業者は自分の勘や思い込みにとらわれる傾向があります。

気持はわからないでもないのですが、数字には現実しか現れません。

大切なので、覚えておいてください。

「感情は嘘をつくけど
 勘定はありのまま」

セミナーやブログでも伝えきれない、濃いめの情報をご希望の方は無料メルマガの登録をどうぞ
今すぐ、こちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【最新セミナー情報】
http://www.cacatokori.net/seminar_information/new

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
https://amzn.to/2KAvObF

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 - 2017販売 , , , ,