販売をサポートしてくれるお墨付き

      2018/03/07

ビジネスの入り口は集客です

集客したら、販売しましょう。

ハーバード大学、スタンフォード大学

なんて、タイトルに入ってる本を読んでみたけど、原作もさることながら、翻訳者の力量も作品のできに影響があるみたい。

書いてる内容が難しいわけじゃないんだけど、文化的な違いに配慮してもらえると、もっと理解できるはずなんだけどなぁ。

そういう意味では、カカトコリさん的には、地元の岡山大学や、一時的には「リカちゃんの大学」として有名になり、最近は経営母体の加計学園で有名になった岡山理科大学が、タイトルに入り、かつ、岡山弁の本だともっと理解できるかも(笑
 
もっとも、日本語の書籍で、大学名が入るとしたら、東京大学か京都大学くらい

そうそう、マラソン系で、今年も箱根駅伝で優勝した、青山学院大学がタイトルに入ったのもあったな。

なぜ、大学の名前が入ると、本は売れるんでしょう?

うっかり買ってしまったけどな(笑

◆ 販売をサポートしてくれるお墨付き

「皇室御用達」とか「〇〇賞受賞」 なんて聞くとどんなイメージがありますか?

「なんだか、すごいに違いない」と、普通の人なら思いますよね。

優秀賞よりは最優秀賞、銀賞よりも金賞、2位よりも1位の方がすごいらしいと言いうのは、小学生でも理解できること。

そして、どんな競争でも、トップの方がより人気が出たり、より売れるのも事実。

もちろん、販売現場のセールストークにも熱が入ることでしょう。

しかし、熱く語れば語るほど、見込み客の気持ちはさめてしまい、引かれてしまいます。

そんな時は、証拠を見せましょう。

たとえば、拙著『幸せな人にとっては当たり前なのに多くの人がやってない事』(あさ出版)の場合、こんな証拠があります。

紀伊国屋書店富山店様

喜久屋書店倉敷店様

 
廣文館書店様ビジネス1位

そして、地元岡山の啓文社岡山本店様
惜しくも2位だった

3冊目の『小さな会社のオープンルール経営のススメ』(同友館)の場合、もっとあるのですが、これしか見つかりませんでした(涙

地元、岡山の本の森セルパ様

201606241712000


 
実は、デビュー作の『一天地六の法則』(サンマーク出版)はAmazonで総合1位になったんだけど、残念ながら、パソコンの引っ越しで証拠写真が行方不明なんだよなぁ(とほほ

一応、それらしい写真があったので、張り付けておくけどね。

話しを戻しましょう。

なにかで表彰されたり、受賞したり、マスコミの取材を受けたりしたら、それは第三者によってすごさを証明されたことになるわけだから、チャンスと考えて、証拠を保存し活用するようにしましょう。
(写真をもっと整理しなきゃ 汗)
 
ここで、ちょっとした裏技を紹介しましょう。

どこかのマスコミに取材されたとしましょう。

そのままにしておくのはもったいないです。

よく、飲食店なんかで「〇〇テレビで紹介されました」なんて、告知してるのを見かけますよね。

でも、それだけでは、来店した方にしか伝わりません。

ホームページやSNSで告知しても、申し訳ないけど、そんなに告知力がありますか?

というか、告知力があるのなら、販売の悩みもないでしょ。

では、どうするかというと、マスコミ取材されたこと自体をプレスリリースるという方法があります。

基本的に、主なマスコミは同業社がどんな発信をしているかについては、敏感過ぎるくらいにチェックしています。

が、そこにさらにプレスリリースをすることで、取材を受ける意思があるということをアピールするのです。

もし、さらに取材されたらラッキー。

取材されなくても、なにか損をすることがありますか?

なお、プレスリリースには取材されやすい書式があります。

カカトコリさんがお世話した、プレスリリースは今のところ、取材率が100%。

興味がある方は、下記のフォームよりお問い合わせくださいませ。
 
特に、日本人はマスコミを信頼する傾向があるので、試してみる価値はあるかもしれませんね。

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【最新セミナー情報】
http://www.cacatokori.net/seminar_information/new

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/books_dvd

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 - 2017販売 , , , ,