なぜ、顧客満足を高める必要があるのか?

      2018/03/07

ビジネスの入り口は集客です

集客したら、販売しましょう。

「昨日はありがとうございました。」と言いつつ、岡山の事務所に出勤すると、スタッフからチョコをもらったカカトコリ。

太らせて、なんとかしようとたくらんでいるらしい?(笑
 
せっかくなので、朝礼のネタにした。

ビジネスの基本は「代行業」

たとえば、小学生の家庭教師をするのに、博士号は要らんじゃろ。

中学生か、高校生でも十分。

プロを名乗る人が全員、博士号である必要はないってこと。

お客さまより、ちょっとだけ上手かったり、早かったら、それで十分ってこと。

ただ、それだけではプロとしての成長につながらないので、仕事をしながら、成長すれば良いんじゃない?

その積み重ねが、顧客満足につながっていくんじゃないの?

ということで、改めて、なぜ、顧客満足を高める必要があるのか、考えてみました。

◆ なぜ、顧客満足を高める必要があるのか?

ちゃんと考えてみたことありますか?

ちなみに、ここで言う、「ちゃんと考える」とは、その内容が正しいと思うのなら、ベテラン社員からはコンセンサスが得られ、新入社員やパートさんからは誤解されないよう、文章化し、社内で共有しているレベルを言います。

単純に、「それって、こうでしょ」と口頭で自分のイメージを話すことではありません。
 
実際にやってみると、理解していただけると思いますが、自分の頭の中にあるモヤァ~っとしたイメージを言語化すること自体が、あなた自身の思考の整理に役立つし、さらに、それを伝え、共有することで、コミュニケーションスキルも相当磨かれます。
 
なので、「部下がもっとやる気になってくれたら」なんて、思ったことがあるなら、ぜひ、チャレンジしてみてくださいネ。

話しを本題に戻しましょう。

おそらく、ほとんどの方が、真剣に考えたことがないのではないでしょうか?

「同業社がやっているから」とか、「世の中がやっているから」なんて、すっごくあいまいな答えるになる気がします。
 
たとえば、観光地や、有名な神社仏閣の門前町で、飲食店を経営しているとします。

もちろん、それなりに、リピータもいるでしょうが、個人的には、リピートはまったく期待してないんじゃないか、と思いたくなるようなお店がほどんとじゃないかと思ってしまう。

特に、接客態度。
 
せっかく、美味しいものを食べようと、ワクワクしながら入店しても、「あぁ、残念」と感じながら、お店を後にすることが多いです。
 
顧客満足を高めるのは、次につなげるためじゃないんでしょうか?
 
単純リピートもあるでしょう。

また、アップセルといって、次はランクが上の商品やサービスを購入していただけるかもしれません。

さらに、クロスセルと言って、ついで買いをしてくれるかもしれません。
たとえば、エステサロンで、お化粧を買っていただけるように。

ただ、これだけだと、自分で勝手に限界を決めているようなもの。

どういう事かと言えば、ひとりのお客さまの購入には限界があるからです。

いくら、お気に入りのお寿司屋さんでも、一年間、毎日、毎日、通い続けることはないでしょ?
 
1人で、どんなに大食いの人でも、10食とか100食とかありえないし。

自宅の中に、専用の部屋を作るくらい、スポーツカーが大好きだとしても、一度に乗れるのはたった一台です。

フェラーリを20代くらい保有している経営者がテレビに出ていましたが、インタビューを聞いていると、カカトコリさんのねたみかもしれませんが、思わず、「お前が買ってるのはフェラーリじゃなく、自慢じゃろ」と突っ込みたくなりました。
というか、40過ぎで独身で、デートのたびにフェラーリを乗り換えていくそうなんだけど、普通は嫌みにしか見えないし、引いちゃいますよね。

ごめんなさい。
ねたんでみました(笑
 
要は、ひとりの人がいくら満足しても、限界があるってこと。

なので、次は紹介してもらえるかどうかの勝負。

しかも、自然に。

冒頭でも、言いましたが、「顧客満足」はある意味、当たり前になってしまっているので、そのレベルはクチコミなんか起こりません。

顧客満足を超えた、感動のサービスをしなきゃ。

ぜひ、この言葉を覚えておいてください。

「いくら仕事とはいえ、そこまでするか」

お礼は、お金では買えません。

思わず、鳥肌の立つような、真心のこもった「ありがとう」をもらえるように。
 
カカトコリさんも、そんなレベルを目指しています。

「やってて良かった。この仕事。」と思えるように

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/books_dvd

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 - 2017販売 , , , ,