「どうせなら高く売りたい」と思ったこと無いですか?

      2018/03/07

ビジネスの入り口は集客です

集客したら、販売しましょう。

ようこそ 岡山の経営コンサルタント カカトコリです。

商売してて、値付けほど難しいものはありません。
 
とある、専門業の方に仕事を助けてもらったことがあります。
 
専門行なので、日頃は、エンドユーザーさんから仕事を請けることが無いそうです。
 
なので、日頃は下請け仕事ばかり。
 
しかも、中間業者が何社も間に入るそうです。

なので、正直、請求金額を見てビックリしました。

「もっと高くても良いんじゃない?
 安く請け負うと、誰も幸福になれないよ」なんて、ことを話したことを思い出しました。
 
どうすれば、同じ仕事内容で、もっと高く売ることが出来るでしょうか?
 
昨日の岡山のコンサル現場でも同じような話しが出ていました。

◆ 「どうせなら高く売りたい」と思ったこと無いですか?
 
もし、同じ商品がより高く売れるとしたら、嬉しくないですか?
 
カカトコリさんの大好きなドラッカー博士はその著書『経営者の条件』の中で、こんなことを言っています。

「成果は外にある」
 
価格は、中学生の時の社会科の時間に習ったように、需要と供給のバランスで成り立っています。

お客さまが「安い」と感じるのは、実際に支払った以上の価値があると感じた場合。

そして、売る側の本音は、どうせなら、より高く買ってもらいたい。

どうすれば、折り合いを付ける事が出来るのでしょうか。
 
カカトコリさんのコンサルプログラムの中には、コンサルタントさんやビジネス作家さんが出版した時に、販促をお手伝いをするプログラムがあります。

今までに、3冊のミリオンセラーをはじめ、多くのベストセラー作家さんを輩出しています。


 
コンサル内容そのもには、プログラムはあっても、形がありません。

正直、価格設定が非常に難しい。

まずは、実績を作らないと、信用されないので、最初の三人は無償でコンサルして、実績を作りました。
 
具体的には、誰でもが知っている、Amazonで総合一位を取りました。
 
もちろん、三人とも。

そのうち、2冊は最終的には10万部を超えるベストセラーになりました。

書店さんもAmazonのランクは参考にしているので、リアル書店でも売れるようになるからです。

クライアントさんのメリットは、書籍が売れることで、印税も増えるし、その後の、セミナーや講演依頼、そして、個別のコンサルやセッションの増客です。

真面目に取り組めば、年収が1000万円以上増える可能性があるプログラムです。

かといって、最初からカカトコリさんが1000万円を請求したんじゃ、クライアントさんはリスクが大きすぎてコンサルを依頼しません。
 
いくら、ノウハウは残ると言っても、いきなりの1000万円は難しいでしょう。

そこで、何をしたのかと言うと・・・
 
あなたなら、どうします?
 
カカトコリさんは質問してみました。

見込客に

「Amazonで1位になるノウハウに対して、いくらまでなら払えますか?」と。
 
つまり「成果は外にある」ので、成果にアプローチしてみたのです。
 
その結果、平均値をとり、コンサルフィーが決まりました。

ただ、成果を確実に出すためには、クライアントさんにも事前作業を相当量をやってもらわなければならないので、出版までに最低半年は必要なので条件がそろわない場合は、お請けしていません。
 
具体的な準備の内容に興味がある方は、次回の3月3日のセミナーでお話しする予定です。

今から、予定を確保して、お待ちくださいませ。

もちろん、出版以外のお仕事でも活用できる方法です。

お楽しみに。

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/books_dvd

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 - 2017販売 , , , ,