失敗はチャンス

      2018/03/07

ビジネスの入り口は集客です

集客したら、販売しましょう。

ようこそ 岡山の経営コンサルタント カカトコリです。

言葉で伝えるのは難しいなぁと思うことがある。

セミナーの冒頭で、いつも「全部をやるのは収集がつかなくなるので、自分にできる3つくらいに絞ったほうが良いよ」という話しをさせてもらう。
 
本当は、ひとつでも十分なんだけどな。

なぜなら、何かに挑戦するときは、いろんな失敗(たいけん)もセットになっている。
 
そして、その失敗(たいけん)はその人に合ったものがやってくる。
 
ひとつ一つクリアしていくんだけど、チャレンジが多すぎると、失敗(たいけん)も増えるからね。
 
きょうび、SNSなどを通じて、セミナーに参加された方の様子が見れるだけに、気になって仕方ない。

◆ 失敗はチャンス
 
世間一般では「失敗」とかいて「しっぱい」と読むそうですが、そもそも、失敗をしない人なんているのでしょうか。

「失敗は成功の元」とも言います。

同じような失敗をしないための、体験だととらえたらどうなりますか?

もちろん、失敗やミスが発生したら、速やかに謝罪するべきだと思います。
(モンスタークレーマーや言いがかりは除く)
 
善後策として、できる限りのことを提案して信頼を取り戻すべく努力をすべきです。

また、万が一に備えて、自社の補償の範囲を明確にしておくこともお薦めします。

ところが、中にはそれでも納得してもらえなかったり、許してもらえない場合もあります。

そんな時はどうします?
 
カカトコリさんのセミナーには返金保証を付けています。

セミナーに参加されて、万が一、満足いただけない場合には理由のいかんにかかわらず、一週間以内に申し出て頂ければ、セミナー参加費を全額返金することにしています。

過去に、一度だけ、全額返金したことがあります。

細かい点は省きますが、申し出の内容は、「急に懇親会に行けなくなったので、懇親会費を返金できないか?」と言う内容でした。

相手の言い分通り、懇親会費を返金すれば、それで良かったのかもしれません。

ところが、直感的に、「二度と関わりたくないな」と思ったので、その日のイベントのすべての参加費を全額返金させていただきました。
 
昔から「金の切れ目が縁の切れ目」とも言います。

もう、10年近くも昔の事なので、若干記憶があやふやになっていますが、自分の中では、手切れ金のつもりだったのかもしれません。

ちなみに、某出版社の社長さんでした。

幸いなことに、その後、なんのご縁もありません。
 
誤解の内容に、言っておきますが、プロを名乗っている以上、その時々のベストを尽くすようにはしています。

甘えてるわけじゃないのですが、不可抗力的な失敗やミスはあります。

そんな時も速やかに謝罪し、許してもらえるかどうか。

善後策を講じることで、逆に信頼される場合もあります。

大切なのは失敗やミスに対して、言い訳をしたり、逃げたりしない事です。

人間として、謝るべき時には素直に謝罪する。

その姿勢が次につながったり、関係を強化するチャンスだととらえてはいかがでしょうか?

起こることはすべてが体験であり、発展のための肥やしになるはずです。

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【最新セミナー情報】
http://www.cacatokori.net/seminar_information/new

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/books_dvd

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 - 2017販売 , , , ,