予期せぬ機会の見つけ方

   

ようこそ 岡山の経営コンサルタント カカトコリです。

「最近、カカトコリさんがやってしまった失敗って何ですか?」

「・・・」

なぜ、即答できなかったのか。

実に簡単なことで、毎日、多くの失敗をしてるから、どれを答えれば参考になるのか悩んだだけのこと。

ちなみに、現在、猛省中の失敗は「前提条件の間違い」というもの。

簡単に言えば、「自分が知っているからと言って、相手も知っているとは限らない」ということ。

似たような経験ありませんか?

◆ 予期せぬ機会の見つけ方
 
先週のコンサル現場での出来事です。

リクエストは、効率の良い、売れるしくみの構築。

しくみだけで、一時的に売上を増やすことはできます。

しかし、売上や利益が増えて、ゆとりができた時こそ、次のステージのための準備をしなければなりません。

よく言われるように、社長の器より大きな会社は存在しません。

なので、ゆとりがあるときこそ、社員教育のチャンス。

そして、ほとんどの経営者さんが勘違いするのが、このステップ。

先ほども言ったように、会社は社長のうつわ以上に大きくならないんだから、長期的な発展・成長を目指すなら、社長に集中的に予算を回した方が、よほど効率的。

なのになまじ業績が良いことを自分の実力と勘違いし、社員教育と言えば部下の教育だと思ってしまう。

社長と言うのは、あらゆる面で会社や社員を代表してるんだってば。

具体的に、何があったのか話しましょう。

拙著『小さな会社のオープンルール経営のススメ』(同友館)を何度も、何度も、読み返して、コンサル依頼されたクライアントさん。

あとがきのところに、弊社の企業理念や経営理念も記載している。

その企業理念を自分の会社でも使ってよいか?という話しになった。

別にカカトコリさんの許可なんか、関係なく使っても構わないんだけど、一言付け加えたのね。

「言葉通りに、表面的なことだけ真似すると、痛いしっぺ返しがあるよ」と。

ちなみに、クライアントさんが使おうとしたのは、この言葉。

『自分がしてほしいと思うことを、他人(ひと)にしてあげる』

問題はその後。

なぜ、しっぺ返しがあるのか、どうすれば防げるのかを何度も質問してくる。

「もったいないなぁ」と思ったよ。

自分で、痛い目に合って、創意工夫してクリアするからこそ、成長できるのに、その成長のチャンスを自ら放棄しようとするなんて。

どっちみち、言葉だけで教えても、すぐに忘れて、実際にそのような出来事に遭遇しても頭は真っ白になるだけ。

それよりも、日頃の日常業務の中で、お客様からお叱りや、励ましなどのフィードバックをもらいながら、自分自身や、自社のルールをブラシュアップする、そのプロセスで成長するのになぁ。
 
チャンスは本当に恥ずかしがりやで、なかなか素顔を見せないだけでなく、ほとんどの場合、『失敗』という仮面をかぶっている。

なんてことを、若いころに学んだ『成功哲学』で学んだ。

だけど、その言葉の本当の意味が理解できるようになるまで、10年以上かかったよ。

どういう事かというと、『失敗』というのは、理想の状態じゃない状況の事。

失敗のまま、終わらせてしまったら、失敗で終わる。

なので、自分自身に問いかけてみよう。

「この出来事に含まれているチャンスの芽はなんだろう?」

「この出来事の素晴らしい点はどこだろう?」

「この出来事から、何を学べるか?」

失敗というのが、理想でない状態なら、何かが足りないはず。

どうすれば、なにをすれば、その不足を補って、理想の状態に近づくことができるか。

そう考えれば、「予期せぬ機会」と「予期せぬ失敗」が表裏一体に見えないかな?

ちなみに、ドラッカーは予期せぬ機会として、このような着眼点のヒントをその書の中で書いている。

 産業構造の変化

 市場構造の変化

 人口構造の変化

 価値観の変化

 考え方の変化
 
 技術の変化  などなど

変化のあるところには、機会がある。

イメージは、車を運転中の赤信号。

赤信号から、青信号に変わった瞬間。

車同士の隙間が広がったり、狭まったり。

よく、賢い先生方が、「すきま」を狙えと言うが、市場そのものの隙間だと、規模が小さすぎて、ビジネスとしては成り立たないことが多いんだけど、発想の着眼点としては、変化の著しい時代、つまり、大変な時代だからこそ、大きく変わるチャンスがいっぱいある気がする。

まとめとして、次の言葉を贈っておこう

人の行く裏に道あり花の山

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【最新セミナー情報】
http://www.cacatokori.net/seminar_information/new

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/books_dvd

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 - 2018セルフブランディング , , , ,