社会貢献以上に大切な社会性

   

ようこそ 岡山の経営コンサルタント カカトコリです。
ビジネスの入り口は集客です。
集客を入り口とした経営コンサルタント。
特にBtoBのお仕事の販路開拓や新規開拓を低予算で仕組み化することが得意で「集客の鬼」と呼ばれることが多いです。
 
問題です

今日のブログ記事には、日本語の間違いが何か所あるでしょうか?

ちょっと、引っ掛かった日本語

産経速報より

「横浜市営地下鉄脱線 撤去忘れ装置に乗り上げか 安全委調査へ」

文字数の制限でもあるのか?

「し」か「た」を追加するだけで、文章が変わるよね

「横浜市営地下鉄脱線 撤去し忘れ装置に乗り上げか 安全委調査へ」

「横浜市営地下鉄脱線 撤去忘れた装置に乗り上げか 安全委調査へ」

たった一文字だけど。

で、もし間違いが見つかってもコメント欄には書き込まないように(笑


 

◆ 社会貢献以上に大切な社会性
 
その仕事を通じて、どんな社会貢献をしていますか?

311以降、意識の高い学生は企業に社会貢献活動を求める傾向が高くなりました。

本当はもっと前からあったこと。

世の中がバブル経済に浮かれていた約30年前には、メセナ事業として、ゴビ砂漠での恐竜発掘をサポートしたり、バイオリンの最高峰であるストラディバリウスを有望な音楽家に貸し出したり、文化講演会のスポンサーや、映画の製作などなど。
 
さらに視野を広げると、中世のヨーロッパでは大航海時代に巨万の富を得た豪商たちが多くの芸術家を支援しルネッサンス文化を生み出しました。

目立ったり、歴史に名を遺したりすることや、災害時の弱者救済だけが社会貢献でしょうか。

もちろん、それはそれで立派なことだとは思います。

しかし、仮にそれらの企業が、例えば、粉飾決算や、サービス残業の強要などの違法行為をしていたとしたらどうなるでしょう?

一時期、「内部告発」という言葉がはやりました。

いまや、個人メディアの時代。

その気になれば、ひとりの投稿が企業のブランドイメージを一夜にした崩壊させることができる時代。

考えてみたら本当に怖い時代ですよね。

火のない所に煙は立たぬ、とは言うものの、根も葉もないことでも、受け取った人が裏どりしなくても、真実に違いないと思い込んだらねつ造でも拡散されかねません。

想像しただけでも、恐ろしい。

どうすれば防止できるのでしょう?

はっきり言って、完璧な防止策なんてないでしょう。

捨て身で攻撃されたら、修業規則で賠償すると明記していても何の意味もないからです。

抑止策として、正式裁判に提訴した事例もありますが、一度、離れたお客様を呼び戻すのは大変なことだし、そもそも、経営基盤の脆弱な我々、中小零細企業は、その前に会社やお店が無くなってしまうかもしれません。

じゃぁ、どうするべ?

完璧じゃないかもしれないけど、取り組むべきことはあります。

自社の錦旗を明確にし、社員だけでなく関係者やお客様、そして、求職者とも共有することです。

錦旗とは、自社が目指している社会正義・存在意義のことです。

たとえば
 
「良い経営者の心の支え」

これは、弊社の経営理念のひとつ目で、毎朝、朝礼で唱和しています。

もちろん、入社時の面接でもこんこんと解説しています。

日々、頑張っている中小企業の社長さんや従業員さんが正しく報われる社会にしたい。
そんな思いを込めています。

中小企業の社長がいつもニコニコ笑顔でいれば、そこで働く人たちも笑顔になります。
その笑顔は、ご家族や、お友達にも伝わります。
特に、働く大人たちの楽しい姿を見た、子供たちは将来、素敵な大人になろうと思うでしょう。

カカトコリさん自身、二十歳前から海外に出ていますが、海外に比べて日本のティーンエイジャーの笑顔の少ないこと。
マスコミや教育の自虐的歴史観の影響もあるかもしれません。
実際に海外に出ると、日本人であることで尊敬されることや欧米列強の植民地政策から解放されたことを感謝されることはあっても攻撃されるようなことはありません。

そこには、アジアの同朋の解放という社会正義があったから。

子供たち、特に学生が憧れるような大人が増えたら、日本はもっともっと元気な良い国になるとかくしんしています。

ここに、ヒントがあるのではないでしょうか?

自社が存在することで、その仕事を通じ、どんな社会貢献ができるのか

楽しい、壮大なホラを吹きながら、毎日をワクワクしながら仕事に遊びに、人生をエンジョイしましょう。

人は幸せになるために生まれてきたのですから
 
そして、それは社員さんも社長さんも同じはず。

写真は個人的に一番好きな錦旗

思いが短く伝わりやすい

【追記】
こちらのブログ記事も併せてどうぞ
次回のセミナーのご案内です
http://www.cacatokori.net/blog/201905222693

セミナーやブログでも伝えきれない、濃いめの情報をご希望の方は無料メルマガの登録をどうぞ
今すぐ、こちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【最新セミナー情報】
http://www.cacatokori.net/seminar_information/new

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
https://amzn.to/2KAvObF

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 - 2018経営実務 , , , ,