社員がやる気になる目標設定

   

ようこそ 岡山の経営コンサルタント カカトコリです。
ビジネスの入り口は集客です。
集客を入り口とした経営コンサルタント。
特に法人客相手のお仕事の新規開拓を低予算で仕組み化することや、流通チャネルの改善で収益性を改善することが得意で「集客の鬼」と呼ばれることが多いです。

たまたま、コンビニで買い物をしているときに見かけたんだって。
 
難聴者が買い物をしているのを
 
それがきっかけで、手話を習い始めたのだとか
 
彼の会社の経営理念は
 
『良い音は人の感性を豊かにする』
 
音に関するお仕事だからこその取り組み
 
すてきな、取り組み
 
 仕事は生き様を表現するステージ

きっと、その会社の経営者さんの生き様が素敵なんだろうなぁ

あなたは、仕事を通じて、何を伝えたいですか?
 
写真は昨日のカカトコリさん。

毎月、遊んでもらっている児童養護施設『南野育成園』の子供と一緒に。

◆ 社員がやる気になる目標設定
 
目的・目標・手段
 
なんのために、それをやるのか
なぜ、あなたなのか
 
誰のためにするのか
あなたである必然性は?

どのくらいの規模でやるのか
商圏や売り上げ規模
 
どうやってやるのか

いつまでやるのか
永遠にやりつづけるのか

いくらでやるのか
資金調達はどうするのか

誰がやるのか(何人でやるのか)
仲間の集め方は

かれこれ、4年くらい前に、とある創業予定者に課した質問。

必死になって、考えているみたいだけど、いまだに回答してこない。

もっとも、考えて答えが見つかるようなもんでもないんだけどな。

そもそも、考えるとはどういうことなのかと言う、そこからコンサルしなきゃならないの???

というか、考えている間に、餓死してしまうんじゃないかと心配。

考えている暇があったら、実践しようよ。

と、いうことで、追加の質問。

もし、イメージしているように起業が上手くいったら、どんな嬉しいことがある?
 
なにをもって、成功と呼ぶの?
 
何が気になって行動できないの?
 
もし、失敗が気になるのなら、この言葉を覚えておくと良いよ。

 失敗とは、成功への関所のようなもの

通過しないと、成功へ続く、栄光への旅は終わってしまう。

7月のセミナーでは、座右の書のひとつである、ナポレオン・ヒル博士の『成功哲学』(産業能率大学出版局)
 
事業計画の創り方や、経営戦略や、マーケティングなどなど、その時々のセミナーの内容の参考になる推薦本を紹介するんだけど、基本中の基本が学べる一冊を紹介していなかった。

社員がやる気になる一番簡単な方法は、社長が本気でやる気に燃えていること。

じつは、意外な盲点。

実際に、あった話し
 
某2代目社長からのコンサル依頼

衰退業界で、どちらかというと、打ち手に悩んでの相談

最初のヒアリングで、諦めムードで愚痴ばっかり。

某大手のR社にもコンサル依頼をしたけど、期待しているほどじゃなかったと、セカンドオピニオン的に経営コンサルの依頼が舞い込んできた。

どうすれば、やる気になってくれるんだろう、と思いつつ質問してみた
 
飲む、打つ、買う ならどれが好き?
 
酒は飲まない、博打はしない、女は買わない

趣味は?

ない

ストレスの発散は?
 
ジャンクフード

そして、二回目の面談の時に他社との違いを売り込み、ブランド化する手法を提案しようとした、その時、事件は起きた。

社員数千人規模の大企業ならいざしらず、社員総数が30人程度の中小企業なのに社長が課長に向かってひとこと。

「あとは、よろしく」

普通は、コンサルが終わり失礼する際に次回の面談日を決めるのだが、社長が本気でないことにやる気を失い、そのまま、帰ってきた。

その後、風のうわさに聞いた話しでは「あとはよろしく」と言われた課長は、転職のために退職してしまったのだとか。

本気は伝わる。

本気で行動していれば知恵は出てくる。

問題意識を持ちつつ行動を繰り返すことを、本気で考えると呼ぼうじゃないか。
 
中小企業は、まずは、社長が本気で汗をかこうよ。
 
そこからじゃ。

頑張った自分へのご褒美も忘れないように

ただし、ご褒美は成功してからね。
 
【参考】
 
冒頭に紹介した音に関する仕事をされている会社の公式HPはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/
一流の方々から指名が入る超一流のプロ集団

【追記】
こちらのブログ記事も併せてどうぞ
次回のセミナーのご案内です
http://www.cacatokori.net/blog/201907132871

セミナーやブログでも伝えきれない、濃いめの情報をご希望の方は無料メルマガの登録をどうぞ
今すぐ、こちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【最新セミナー情報】
http://www.cacatokori.net/seminar_information/new

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
https://amzn.to/2KAvObF

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 - 2018経営実務 , , , ,