事業計画はなぜ実行されない

   

ようこそ 岡山の経営コンサルタント カカトコリです。
ビジネスの入り口は集客です。
集客を入り口とした経営コンサルタント。
特に法人客相手のお仕事の新規開拓を低予算で仕組み化することや、流通チャネルの改善で収益性を改善することが得意で「集客の鬼」と呼ばれることが多いです。

「すごい立派な事業計画書ですね」

市販の手帳のように立派な表紙のついた事業計画書を拝見したことがある。

著名な経営コンサルタントさんの指導を受けながら作成したのだとか。

社員数はパートさんまで入れて80名くらいの清掃業。

三代目社長として頑張っているMさん。

だがなかなか、思うように業績が改善しなくて悪戦苦闘しているのだとか。

早速詳しく事業計画書を拝見していると、根本的な問題点を発見。

同じような悩みを抱えていませんか?

◆ 事業計画はなぜ実行されない
 
よく偉い先生や著名なコンサルタントさんが言うんだよね。

事業計画を実行するためには、PDCAが大切ですよ、とかなんとか。

思うんだけど、その時点ですでに間違えている。

特に、「うちには大企業みたいに優秀な社員は来ない」と経営者さんがぼやくような中小企業においては。

すごく単純な話し。

いくら声高に「PDCAが大切」と叫んだところで、肝心なPDCAの意味が伝わっていない限り、PDCAそのものが実行されないという、笑うにも笑えないような話になる。

プラン、実行、検証、改善と詳しく説明したところで、現場レベルで定着するわけがない。

プランの段階で、理解と納得とコンセンサスを得られていないから。

立派な見栄えの良い事業計画書を作り、社外のゲストをお招きし、盛大に発表会を開いた時、社員さんはどんな気持ちなのか考えてみたことがありますか。

この質問をすると、すばらしい答えが返ってくるんだよね。

「社員も誇らしく思ってくれているに違いありません」と。

ぶっちゃけ思うよ。

「よく、それで経営者が務まりますね」と。

社員さんが一番知りたいことはなんだと思いますか?

「会社の将来」なんて、答える素敵な社長さんも多いよ。

生まれついた瞬間から社長なんて立場にいるなら仕方ないかもしれない。

少なくともそんな人はいないからね。

社員さんが、一番興味があるのは、社員さん自身の事だけ。

その事業計画により、自分の仕事量が増えるのか、新しく身に着けるべきスキルがあるのか、残業は増えるのか、待遇は良くなるのか などなど

会社の将来が気になるのは、解りやすく言えば、融資に対し連帯保証のハンコを押している人だけ。
くらいに思っていた方が良いよ。

憲法で職業選択の権利が認められていることはご存知ですよね。

会社に将来性を感じられなくなったら、社員さんは去って行くよ。

どうすれば、そんな状況を防ぐことができると思う?


実行される事業計画書を作ること に尽きる。

で、それが難しいと思い込んでいるからこの記事を読んでいるんだよね。

いくつか方法があるけど、一番簡単な方法をお話しましょ。

目標設定と手段について社員さんの意見を採用する。

念のため言っておくけど、目的と目標は違うからね。

日頃から経理情報(決算や月次試算表)を共有していれば、極端な目標設定にはならないよ。

トップダウンで出来ない事を押し付けられるのと、ボトムアップで、自社でできることを積み重ねるのと、現場ではどちらが取り組みやすいと思う。

もちろん、そのためには、何のためにその事業をするのか、その事業に取り組むことにより、会社と社員さんたちにどんな素晴らしいことが起こるのかという情報の共有は必須だよ。

下世話な表現になるけど、人間もニンジンがないと走れないからね。

ただし、ニンジンは個々の社員さんで違うからね。

だから、日頃のコミュニケーション、特に本音を聞きやすい雑談が大切。

誰だって、自分にとって良いことが起こると思えばこそ頑張れるもの。

いつまでに、誰が、いくらの予算で、どうやって、何のために、誰のために、どのくらい などなど
未来物語を作ろうよ。

まずは、理解と納得と同意を得ること。

少なくとも、理解されない限り始まらないよ。
 
理解されたら、現場の意見を尊重しよう。

現場の意見を尊重するということは、その発言者自身を尊重すること。

自分の事を尊重されたら、誰だって嬉しいよね。

嬉しいから責任も生まれるし、やる気も沸いてくるんだと思うよ。


【追記】
こちらのブログ記事も併せてどうぞ
次回のセミナーのご案内です
http://www.cacatokori.net/blog/201907132871

セミナーやブログでも伝えきれない、濃いめの情報をご希望の方は無料メルマガの登録をどうぞ
今すぐ、こちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【最新セミナー情報】
http://www.cacatokori.net/seminar_information/new

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
https://amzn.to/2KAvObF

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 - 2018経営実務 , , , ,