組織と魚は頭から腐る

   

ようこそ 岡山の経営コンサルタント カカトコリです。
ビジネスの入り口は集客です。
集客を入り口とした経営コンサルタント。
特にBtoBのお仕事の販路開拓や新規開拓を低予算で仕組み化することが得意で「集客の鬼」と呼ばれることが多いです。

新潟での打ち合わせ後、宮城は先代の訪問先を回り、福島、栃木と南下してきたカカトコリ
 
昨日は「岩手と言えば、わんこそばよなぁ」


と、思いつつ、宮城でかけそばをいただいていました。
 
なんだか、今朝はフェイスブックに不都合が生じているみたいですね。
 
不都合と言えば、トップリーダーである経営者の言動は、社の内外から見られていることを、どれだけの社長さんが認識されているのか、疑問に思うことがあります。

トップリーダーだけでなく、部課長などリーダーの役割を担う人や、起業予定の方に読んでいただきたい内容です。

◆ 組織と魚は頭から腐る
 
「社長なんだから、クラウンくらい乗ってくださいよ」
 
そのむかし、富山で、ある起業家から言われたことがある。
 
ちなみに、当時、乗っていたのは日産のアベニールというステーションワゴン。
 
その発言を聞いた瞬間、思った。

(こいつ、大丈夫か?)
 
案の定、当初の事業プランとは違う仕事をするようになった。

つまり、創業時の計画とは違うことをしないと食えない状況になったということ。

創業を計画している人や、経営者としての経験がない人は同じような過ちを起こしやすい。

社長なんだからグリーン車。

社長なんだからファーストクラス。

社長なんだから平日ゴルフ。

社長なんだから・・・・

もし、あなたなら、そんな社長の下で働きたいと思うだろうか?

たしかに、世間並みのお給料さえもらえるなら、という方もいるかもしれない。

統計方法にもよるけど、中小企業の6割から8割が赤字決算をしている。

会社が黒字決算で、従業員さんにも世間相場以上のお給料を払っていて、仕入先や外注さんを泣かせていないならどんなに贅沢をしても誰からも文句を言われることはないでしょう。

しかし、社長だから〇〇〇という会社の経営内容が良かったという話を聞いたことがない。
 
そりゃそうだろう。

従業員さんに満足のいくお給料を払わず、社長が贅沢三昧をしていて、生産性が上がるわけがない。
 
社長の給料は飛行機の尾翼。

下がる時は最初で、上がる時は最後。

そういう覚悟や姿勢が無くて、経営責任が果たせるわけがない。
 
「社長なんだから、クラウンくらい乗ってくださいよ」

と、社員から言われるくらいでないと社長としての仕事をしていると言えるのだろうか。

社員さん、個々の個性を把握し、最強の組み合わせができる人。

何が儲かるかより、何が正しいかを考えることが出来る人。

頭脳はそこそこでも、人徳のある人。

自己改革に余念のない人。

企業の遺伝子は、トップリーダーの生き方が反映されるという。

見栄ばかりで、中身がスカスカで、腐っていることを自覚できないような経営者の下で働きたいと思うだろうか。

どんな経営者の下なら、喜んで働きたいか。

もし、あなたが経営者なら社員から見限られないように祈るばかり。

自戒を込めて。

セミナーやブログでも伝えきれない、濃いめの情報をご希望の方は無料メルマガの登録をどうぞ
今すぐ、こちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【最新セミナー情報】
http://www.cacatokori.net/seminar_information/new

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
https://amzn.to/2KAvObF

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 - 2018経営実務 , , , ,