自分で売り込まない販売法とは

      2018/03/07

ビジネスの入り口は集客です

集客したら、販売しましょう。

意味の解らないカタカナの社名で、業務内容も理解できてないのに、「何かあったらよろしく」って言われても、そもそも、その「何か」って何よ?

って、言いたくなることありません。
 
この時期になると、地元岡山を中心に新春互例会なんかの案内がいっぱい来る。
 
渡世の義理というかいろんなお付き合いもあるので、なるべき参加することにしているのだが、なかなか有意義な場面に出会わない。

どうすれば、有意義な名刺交換につながると思います?

◆ 自分で売り込まない販売法とは
 
初めての時には、マジで、ビックリしました。

なんのことかというと、書籍のプロフィール。

編集さんが書いてくれるのかと思ったら、なんと、著者本人が書くんだってさ。

で、続きに興味があれば、近くにあるビジネス書の奥付きを開きながら、読み進めてみてください。

氏名やペンネームの後に、自分の肩書が入っているはずです。

たとえば、経営コンサルタント のように。

次にあるのが、その書籍を書くのにふさわしい自己紹介。
 
単なる自慢話だと嫌われることもあるので、映画の『ロッキー』のように、這い上がってきたミニ物語りがウケが良いみたいです。

ただ、それだけだと、信ぴょう性に欠けるので、すごいキーワードがあります。

このキーワードは販売の現場でも使えるんじゃないかと思っているので、ぜひ、皆さんも使ってみてください。

それは、「〇〇と呼ばれている」

もちろん、あなたのお仕事を関係ないと意味がありません。

セミナーで時々、このワークもするのですが、勘違いしている人が多いのには驚きます。

課題の質問は「よくお客さまから〇〇と褒められることが多いです」

この〇〇の部分を埋めてもらうのですが、こんなことを答える人がいます。

「笑顔が素敵」

「返事に元気があって良い」

「イケメン(または美女)」

ホストやホステスのようなお仕事なら、イケメンとか美人と言われてうれしいでしょうが、自慢に聞こえるし、相手によっては嫌みに受け取られちゃいますよ。

ちなみに、カカトコリさんの場合は、実績から「集客の鬼」とか「Amazonランキングを動かす男」とか、「400万人に告知できる男」と呼ばれたことがあります。

もちろん、ねつ造ではなく、実際にクライアント様から頂いた感想などをベースに、ほんの少々、脚色しています。
 
もし、販売現場で活用するなら、気を付けて欲しい部分があります。

それは、面談している見込み客の属性に合わせて、使い分ける事。

たとえば、年配の男性から褒められたことや、言われたことを、そのまま、女子高生相手に使ったとしても、実感がわかないでしょう。

自分と同じような立場の人からの感想を折り交ぜた、「〇〇と呼ばれています」をいくつか準備しておきましょう。

そのためにも、雑談の達人になって、お客さまと本音で会話できるコミュニケーションスキルを身につけてくださいネ。

そのうち、「雑談の達人」なんて呼ばれるようになれるかもしれませんよ(笑

最後に重要な質問です。

どんなことで、達人とか名人とか呼ばれてみたいですか? 

セミナーやブログでも伝えきれない、濃いめの情報をご希望の方は無料メルマガの登録をどうぞ
今すぐ、こちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【最新セミナー情報】
http://www.cacatokori.net/seminar_information/new

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
https://amzn.to/2KAvObF

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 - 2017販売 , , , ,