簡単に一番になる方法

   

ようこそ 岡山の経営コンサルタント カカトコリです。
ビジネスの入り口は集客です。
集客を入り口とした経営コンサルタント。

販路拡大や販促支援のサポート役。
時々、叱るので「集客の鬼」と呼ばれています。
得意分野はコンサルタントコンサルティング。

ゴールデンウィーク明けはコロナ対策の対応に追われているカカトコリ。

これを機に、経営方針や事業計画を抜本的に見直し、強い会社になるべく軌道修正をしたいのだとか。

そんなもろもろで、ブログの更新が遅れてしまっています。

どんな話題が世の中に出回っているのかと探してみたら、カカトコリオジサンが思わず「キャァ~~~」とミーハーになってしまうニュースを発見

『うるさい奴ら』や『めぞん一刻』などの名作を送り出した高橋留美子先生の新作『半妖の夜叉姫』の放送が決まったのだとか。

タイトルの雰囲気から解るように『犬夜叉』の続編なんだと。

『犬夜叉』は何度見ても、感動して泣くんだよね。

で、まったく関係ないんだけど、今日は「一番になる方法」を考えてみたよ。

しかも、簡単に一番になる方法。

◆ 簡単に一番になる方法
 
 
 
 
 
ひとことで言うなら、自分の土俵は自分で作れということ。
 
 
 
 
 
なぜなら、勝負の世界は自分で土俵とルールを作る人間にゆうりになっているから。
 
よく言われることだけど、2番や3番だとその分野のマニアでもない限り記憶に残らない。
 
ならが、自分の土俵、つまり、自分のマーケットを自分で作り、かつ、絶対に自分が1位になれる方法で一番になればいいのだ。
 
 
 
 
 
たとえば、私事で恐縮だけど、岡山県では1位と言えるものはないかもしれないが、エリアを絞り込んで、絞り込んで事務所のある岡山県岡山市北区福崎まで絞り込んでしまえばダントツの1位になれるものがいくつか出てくるはず。

もっとも、北区福崎まで絞り込んでしまうと、マーケット規模が小さすぎて経営が成り立たないのでバランスが大切。
 
もちろん、日本一とか、世界一の方が良いに決まっているけど、身の丈にあった領域を自分で作っちゃえばいい。
(誇大広告だと指導を受けない範囲で)

ところで「業界1位」とか「地域ナンバーワン」という看板を見たことがないだろうか。

思わず、ツッコミたくなるのはカカトコリさんだけ?(笑

業界って何の業界だよ
 
地域ってどの範囲なんだよ

どんなジャンルで一位なんだ
などなど、ついつい、ツッコんでしまうのは経営コンサルタント言う仕事柄?

まぁ、平たく言えばそう言うこと。

説明を求められたら、当然のこととして説明できなければならない。
 
では、あなたならどんな土俵を作り、どんなジャンルで、しかも、どんなルールで1位を決めるだろうか。

ちなみに、この理屈に(屁理屈だと言われるだろうけど)気づいたのは学生時代にあるゴルフコンペで優勝した時。

日本中に何十万、何百万、ゴルファーがいるのか知らんけど、少なくともコンペに参加資格があるのは自分たちだけ。

しかも、公式戦ではなくプライベートコンペならローカルルールと言う、公式ルールに準じてはいるものの独自ルールで協議することになる。

ということは、超拡大解釈すると、同じ日に何人もあっちこっちのゴルフコースで生まれてはいるけど、「今日の〇〇杯の日本一」はカカトコリさんじゃん。ってひらめいたのよ(へんなヤツでしょ 笑)

つまり、岡山市北区福崎の経営コンサルタントで昭和36年生まれなら日本一とか・・・

組み合わせていけば、簡単に日本一になれてしまうじゃん。

ってこと。

あほらしい

って思ったよね

バカにしたでしょう。

見えるから、正直に言ってみ。

どうせ離れているから、殴らんから(笑

でもね、やるやつはやるのよ。

何かで一番になれないと、見込み客の記憶にねばらないから。
 
 
 
 
 
もう一つ、事例を紹介しよう。

本業以外の部分にも着目してみよう。
 
特に趣味のスポーツや習い事(もうこうなったら何でもアリです 笑)

しかも、この際だから過去の栄光も入れちゃいましょう。

スポーツなら、元オリンピック選手とか元国体選手とかでも良いし、極端に言えば、職場のボーリング大会でも、もうこうなったら、使えるものは、座っている親でも立たせて使っちゃえ作戦。

本業じゃない趣味や副業がきっかけでブレイクしていく事例もあります。

カカトコリさんの友人の事例です。

本業はランチ専門の喫茶店と、ご近所さんへの仕出し弁当。

お店は旧道にあり、何十年も前にバイパスができて以来、近隣住民しか通らないような場所。

元々の喫茶店が廃業して空き物件になっていたところを、近隣住民からの依頼で、居抜きで再開したのは良いんだけど、あれだけ、はやし立てた近隣住民も来てくれた時だけ。

ちょうど、SNSが流行りだしたころで、どうせ店番をしていてもヒマだからと、SNSでの情報発信を始めたのね。

さらに、夜の時間帯はコーヒー代プラスアルファでSNSの勉強会も始めたのよ。
もちろん、自分のお店で。

そうなると、地域一番SNSを活用している喫茶店になり、商工会や商工会議所でのSNSの講師依頼が来るようになったのね。

もちろん、事例は自分の喫茶店のこと。

すると、夜の勉強会の参加人数だけでなく、オプションの夕ご飯の定食も増え、実際、美味しいのでランチも繁盛するようになり、その中から常連も出てきたのよ。

さらに、さらに

昭和初期の雰囲気が残るエリアなので、映画やドラマのロケも来るようになったのよ。

もちろん、料理やコーヒーが美味しいことと言う前提条件は付くんだけど、そこでの勝負だとライバルが多いと思うのね。

ところが、そのエリアで一番SNSに詳しい喫茶店 という肩書のおかげで、本業が繁盛することもある。
 
 
 
 
 
もちろん、トップになったら、さらにその特色を活用し、本物のトップになる努力は必要だよ。
その努力ができないようではもはやプロとは呼べないのは、プロスポーツ選手を見ていたら理解できるよね
 
 
 
 
 
全社員を動員し何かの1位を調べてみよう


【昨日の出来たこと&嬉しかったこと】
 
クライアントさんとズームで面談
お互いに移動時間が節約できてうれしい
マイクとイヤホンを刺し間違えたことは秘密です
 
ビジネスパートナーと打ち合わせ
こっちはリアルで、三密を避けながら
面白い企画を悪だくみ中、お楽しみに
 
ズームように、簡易グリーンバックとミニ照明をゲット
 
某経営者団体の役員会
こっちはスーム対応
 
夜のウォーキング
音声教材を聞きつつ歩くんだけど、ひらめきがいっぱい舞い降りてきて楽しい

新しい外部スタッフを確保

【セミナー情報】
 
毎月開催している【売上創造塾】ですが、現在、オンライン会議システムのズームを活用して再開すべく準備中です。
 
準備ができ次第、ご案内いたしますので、もうしばらくお待ちください。
もちろん、ズーム開催でも時間があるかぎり、リクエストや質問にも対応させていただきます。

【6月の無料メールマガジン】

「文章を書くのは大好きなんですが、書いているとどうしてもダラダラと長くなってしまいます。
短い文章で、簡潔に分かりやすく、でも面白い文章の書き方を教えていただきたいです。」
というお話しです。 
 
カカトコリさんはどんな回答をするんでしょうね?

無料登録は今すぐこちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori
レイアウトがパソコン用なのでパソコンのメールアドレスで登録することを強くお勧めします。
登録はもちろん継続配信も無料です。


この記事のおすすめ図書
https://amzn.to/2Yq1pUf

セミナーやブログでも伝えきれない、濃いめの情報をご希望の方は無料メルマガの登録をどうぞ
今すぐ、こちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【最新セミナー情報】
http://www.cacatokori.net/seminar_information/new

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
https://amzn.to/2KAvObF

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 - 2020経営改善 , , , , ,