販売とブランディング

      2018/03/07

ビジネスの入り口は集客です

集客したら、販売しましょう。

本日は岡山から鹿児島は、鹿屋までの単純往復の出張。
 
鹿児島駅から、バスに揺られ約2時間かかるらしい。
 
鹿屋で○○なら△△が、親切で丁寧と言われるように、なるとサポートのし甲斐もあるというもの。
 
基本的には、ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)という手法なんだけど、いくつかの点で改善したほうが良い点があるので、諸々のすり合わせです。

なるべく低予算で、効率的な売れる仕組みを作りたいんだって。
 
ちなみに、あるクライアントさんは毎月5万円の宣伝広告費で平均すると、約20倍の粗利を挙げています。

ということで、2時間もバスに乗って、そのあと、ベストなパフォーマンスが出来るのか、ちょっと不安。

少しでもお役に立てるように頑張ろうっと。

◆ 販売とブランディング
 
「この商品をブランディングしたいんだけど」
 
とある地方の中小企業の経営者さんから相談されたことがあります。
 
言葉を定義づけしないと、相談段にもならないので、逆に質問してみました。

「社長のブランディングのイメージはどんな感じですか?」

「今は、自社の店頭で売ったり、微々たる量だけど、ホームページで販売しています。
 今後、ブランド商材として、東京の三越とか高島屋などのデパートでも販売したいと考えています」

とのお返事。

どうも、ブランドとは高級デパートで販売している有名メーカーというイメージみたい。

ヴィトンとかエルメス。
 
ベンツとかフェラーリ。
 
パティックフリップとかロレックスなどなど

と同じように考えているのかもしれません。

ぶっちゃけ、そんな歴史のある老舗と勝負して勝てると思いますか?

それぞれのメーカーにしても、最初から今のブランドイメージを構築したわけじゃないでしょう。

たとえば、フェラーリと並ぶイタリアのスポーツカーメーカーとして有名なランボルギーニは、元々はお百姓さんが使う、耕運機メーカーなんです。

なので、時代が変われば、「ランボルギーニと言えば、耕運機でしょ?」という時代があったということになります。

カカトコリさん的には、ブランドとは

「○○と言えば△△、△△といえば○○」
を自社が狙っているマーケットや見込み客に認知してもらうことだと思っています。
 
○○の中には、一般的な商品ジャンル、例えば、バッグとかラーメンとかが入ります。

そして、△△の中には、会社名や個人事業主の方や販売のお仕事をしてる方のお名前が入ると思ってください。
 
あえて、付け加えるとしたら、その△△から想起されるイメージも含むと考えてください。
 
たとえば、シャネルと言えばシックな大人のファッションというイメージがありませんか?
 
ロールスロイスといえば、王侯貴族や世界的な大富豪をイメージしませんか?

で、ここで考えてください。
 
それらのイメージは一朝一夕に構築できたものでしょうか?
 
そうじゃないですよね。
 
長年の試行錯誤の歴史の積み重ねとセットになって構築されたものではないでしょうか。

ブランドイメージとか、企業遺伝子と呼ばれているものですね。

そして、それらは、ひとり一人の社員さんや、スタッフさんの言動がお客さまに与えたイメージの総和だと言ってもけして、過言ではないでしょう。

きょうび、企業はもちろん、中小企業や個人事業主さんでも、インターネットを使ってメディアを持てる時代。
 
何を発信するか、どんな内容を発信するかで、マーケットや見込み客からどのようなイメージを持たれたいのかを、解りやすく言えばコントロールできるってことです。
 
たとえば、知人の社労士さんは、毎日、ラーメンを食べてFaceBookに投稿しています。
 
社労士としての相談はしたことがありませんが、美味しいラーメン屋さんの事を教えてもらったことがあります。
 
つまり、ラーメンの投稿ばかりしていたので、いつの間にか、ラーメンの専門家としてブランディングされてしまったということ。
 
そして、人の記憶は感情と組み合わせなので、少なくともマイナスに思われると大変なので、投稿内容にも注意しましょう。
 
さらに注意点があるのですが・・・
 
次回の更新をお楽しみに

セミナーやブログでも伝えきれない、濃いめの情報をご希望の方は無料メルマガの登録をどうぞ
今すぐ、こちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【最新セミナー情報】
http://www.cacatokori.net/seminar_information/new

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
https://amzn.to/2KAvObF

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 - 2017販売 , , , ,