人脈を広げる一言

   

ようこそ 岡山の経営コンサルタント カカトコリです。
ビジネスの入り口は集客です。
集客を入り口とした経営コンサルタント。
特にBtoBのお仕事の販路開拓や新規開拓を低予算で仕組み化することが得意で「集客の鬼」と呼ばれることが多いです。

ノウハウやスキルの時代じゃない
 
ノウフーの時代

フーはWho

つまり、自分の弱みをカバーしてくれる人を何人知っているか

組織経営と言うのは、お互いの強みを持ち寄り、弱みを補い合うことで成り立っている。

人財もいない、強みもない、独自性もない
 
そんな中小零細企業が生き残る人脈構築術とは?

たった一言が本物の人脈につながります。

◆ 人脈を広げる一言
 
「そのコンサルタントさんはリアルビジネスを経営し、何かの実績を上げたことがあるんですか?」
 
いろいろな交流会やセミナーに参加しているという、ある青年経営者さんと面談(スポットコンサル)
 
経営理念はあるみたいだけど、借り物の言葉なので、当の本人の思いが入っていない。

「自分はこれで頑張る」という思いが入っていないから、その都度、儲かりそうな分野に進出する。

儲かる前に、初期投資は必要だし、その初期投資は集客し、実際にお客様に認めてもらい、ニコニコ笑顔で「ありがとう」の一言ともに、財布の中からチャリンとお金を支払っていただかないと回収できない。
 
なので、損益計算書では利益が出ていても、試算表をよく見ていると過去の資産を食いつぶしているという状況。
 
短期的には儲かりそうな分野に進出しているから、なんとなく利益は出ていても、新分野に進出するたびに過去のお客様とのご縁を切り、あらたに種まきから始めなきゃならないという、スクラップビルトの繰り返し。

資本力のある大企業ならまだしも、経営資源に乏しい中小企業には合わない方法。

なので、冒頭の質問になる。

「そのコンサルタントさんはリアルビジネスを経営し、何かの実績を上げたことがあるんですか?」

もちろん、いつまでもひとつの仕事で食い続けることが出来るほど世の中は甘くない。

特に、この20年はインターネットやパソコンなどの発展と普及によって、ビジネスが加速もしたけど、スピードが速くなったということは、ビジネスの寿命も速くやってくるようになったということ。

新しい技術や新しいビジネスは「青い鳥」と同じ、隣の庭が奇麗に見えるのと同じ、幸せの基本は自分の中に合ったり、自分の庭の手入れをしたりしなきゃならないのに、周りの上辺しか見ていない。

あれが儲かりそうだから、これが儲かりそうだから・・・とあっちこっちに顔出しし、ハイエナのような行動をしている人が友人知人から信頼されるだろうか。

そんな人に自分だったら信頼が必要なことを依頼するだろうか。
 
胸を張って、「〇〇の事ならお任せください」と自信を持って言えるだろうか。
 
「〇〇を目指しています」と本気でビジョンを語ることが出来るだろうか。

他人を動かすのは、上記の「〇〇」の中の中味じゃないんよ。

その人の本気の姿勢なんよ、勢いなんよ。

その青年経営者さん、悪い意味で純粋培養。

正直の上に二文字つく。

「自分が一番」「儲けたいから経営者をしている」

ぶっちゃけ、通常ならスポットコンサルから、顧問契約と言うのが経営コンサルタントの王道ではあるが、本気でない人や弊社の企業理念や経営理念に合わない人からの依頼はお断りすることにしている。

どうやってお断りするのかは、企業秘密なので明かせない。

お金儲けしか考えていない人にも、人脈を広げることはできる。

「自分のお金儲けしか考えてない人の人脈」が。

自分のお金儲けしか考えていないから、他人の知識や経験、スキルやノウハウにお金を使わないからビジネスが加速することなく、いつもお金儲けばかり考え続けなきゃならないという悪循環に陥っていることに気付かない。

「最初のお客は金を出して買うもの」と最近よく話すんだけど、先に投資しないでリターンがあるわけ無いじゃん。

で、やっと本題。

自分の実績

自分のビジョン

を30文字以内で語れますか?

人はインパクトのある言葉にしか反応しません。

本気でインパクトのある言葉は記憶に残ります。

たとえば、『ワンピース』の有名な「海賊王になる」

短いし、インパクトがあるし、記憶に刺さる。

うんで、ここまでは本題の前段。

ここまででは、単純にホラ吹きで終わるよ。

人脈を広がる一言はこれ

「素晴らしいですね、何か一緒に出来ませんかね」

つまり、相手の人のホラ(ビジョン)を聞き出したら、協力を申し出る。

人は、強みでしか貢献できません。

お互いの実績やビジョンを認め合い、協力することで新たな化学反応が始まるのです。

セミナーやブログでも伝えきれない、濃いめの情報をご希望の方は無料メルマガの登録をどうぞ
今すぐ、こちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【最新セミナー情報】
http://www.cacatokori.net/seminar_information/new

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
https://amzn.to/2KAvObF

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 - 2018経営実務 , , , ,