どうすれば降格だと気づかれないで社員のやる気を維持できますか?

   

 快適な入院生活を過ごすためにナースとの間に本当にあった○○な話しシリーズ 

 
『深夜勤のナースと、ツーショットでベッドの上で悶々と励むことと言えば?』

うっ

思わず、反応してしまった。

長い入院生活で、ほとんど反応しなくなっているあそこが。

「今なら、スッキリ」

「今かかないで、いつかくの!」

かといって、ひとりじゃ難しい。

こんな時こそ、美人ナースの手助けが欲しい。

って言うか、『美人ナースの手助け』と脳裏をかすめるだけで、悶々スイッチが爆裂を開始してしまう。

 
試しに、自分でかこうと思ったら、3ミリほど、先っぽに届かんかった(涙

ナンデ コンナトキニ ・・・

ピロロンピロロンピロロン

誰も居ない、シ~ンと静まり返った東病棟にナースコールが鳴り響く、午前4時。

娑婆では、早起きの年寄りが起き始める時間だが、ここに入ってるジジババは脳卒中の後遺症なのか、元々抱えていた痴呆が脳卒中の発祥で加速したのか、まぁ、ひとことで言えばボケてるので、8時ごろにナースさん達に起こされるまで寝たまんま。
まるで、寝たきり老人が造られる工程を観察してる気分。

ピロロンピロロンピロロンピロピロリ~ン

ナースコールに気づいて、可愛い系のナースがやって来てくれた。

(電気のついてない、薄暗い、病室で見ると、誰でも、若くて、かわゆく見えるがそれは別の話し)

「どうかしました?」

 
「もうちょっとですっきりしそう。
 かくのを手伝って」

あまりにも、悶々としていたのか、クスリと笑われてしまった。

「仕方ないですねえ。
 ちょっとだけですよ。
 ほかの人に見られたら恥ずかしいから」

「お。お願いします。
 スッキリさせてください」

「ここが、気持ちいいんですか?」

「アヒアヒ
 そこも、気持ちいいんだけど、あと3ミリ先っぽの方に
 ・・・
 おぉ~
 そこそこ。
 気持ちいい~」

左肩甲骨のかゆみは、おかげさまで何とか収まりました。

 
めでたし、めでたし。

という、ちょっとまぬけで、情けない起き方をしてしまった。

で、今朝のお告げは

◆ どうすれば降格だと気づかれないで社員のやる気を維持できますか?

ようこそ 岡山の経営コンサルタント カカトコリです。

まずは、社長自身が「社長は偉い」と言う価値観を捨て去ることから始めましょう。

これを、言うと、ほとんどの社長さんがムッっとされます(笑

ひとつの会社内のちっぽけな役職の上下と、世間一般の社長に対する人間的評価は全く別です。

社内において、役職が上位なのと、人格のできは全く別。

仕事柄、時々、高校生や大学生たちと交流することもあるのですが、最近の若者は少なくともカカトコリさんが20代だったころよりもはるかにしっかりしてる。

で、たぶん、相談された社長さんは、若者たちとの交流が少ないんじゃないでしょうか?

係りの次が課。
その次が部で・・・

経営規模に寄りますが、これからの少子化時代、今までのようなピラミッド型の人事組織では対応できなくなってしまいますよ。

なるべく階層が少なく、役職や入社歴などではなく、キャリアパスで権限と予算を配分する組織。

役職とは別の評価軸が必要になります。

この件はだれ、こっちの件は誰。

こんな感じで、役職以上に仕事が出来るかどうかが重要な時代になります

逆に役職に就くためには、どれくらいのキャリアパスが必要なのか、誰にでも公平に理解できるように人事ルールをオープンにされることとをお薦めします。

役職につかないと、権限と予算が小さいままです。

なので、仕事をしたいなら、役職も必要。

就職しても勉強は続くってことですね。

キャリアパスという言葉を初めて聞いた方もいるかもしれませんね。

たとえるなら、大学や高校の卒業認定を、単位でするようなもの。

高校を卒業するには、一般科目で30科目以上、専門科目で40科目以上、必須科目が20科目とかあったとしましょう。

卒業のためには条件をクリアする必要があるだけで、科目の上下はありませんよね。

一番簡単なキャリアパスの例は自動車の運転免許かもしれません。

キャリアパスは業種業界や経営規模や経営方針の影響を大きく受けます。

また、導入に失敗すると労使間におおきなひずみが残ってしまい、解決するには数十年もかかってしまう事例もあります。

導入の際には、詳しい専門コンサルタントに相談することを、お薦めします。

70分 約1700文字

セミナーやブログでも伝えきれない、濃いめの情報をご希望の方は無料メルマガの登録をどうぞ
今すぐ、こちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【最新セミナー情報】
http://www.cacatokori.net/seminar_information/new

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
https://amzn.to/2KAvObF

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 - 裏カカトコリ , , , ,