なぜ利益が必要なのか

   

ようこそ 岡山の経営コンサルタント カカトコリです。
ビジネスの入り口は集客です。
集客を入り口とした経営コンサルタントのお仕事をしています。
経営相談、特に集客や増客の事なら、お任せ下さい。

本当にあなたがやろうとしている活動が社会的に意義があるものであれば、それをより多くの方に提供して、より多くの方を幸せにできた方が、社会に貢献できますよね。

では、そのための活動資金はどうしますか?

起業しても、売上が思うように上がらないのは「メンタルブロック」が邪魔をしているから、とよく言われています。

利益は社会活動の原資であり、その活動を継続するための手段です。

利益が目標になることはあっても、目的になることはありません。

そこを理解できないと、約8割と言われている、一年以内に倒産廃業する人たちの仲間に入ることが出来ます。

仲間入りしたくない人だけ、続きをお読みください。

◆ なぜ利益が必要なのか

創業したものの、上手くいかない人のコンサルをしていると、この質問に答えられない人が多い。

いても、高級車を乗り回したいとか、リッチな暮らしをしたいとか、自己本位な動機ばかり。

まぁ、そんなことを言っているカカトコリさんも、お金があれば、かっこいい車に乗れて、リッチな雰囲気のお店で飲み食い出来て、好きな時に海外視察に行けると思っていたので、気持ちはよく解かるけどな(笑

実際に、起業すると、お勤めの時との一番大きな違いは、毎月、決まった金額の収入が保証されないという事実に驚愕する。

毎月のお給料が当たり前すぎてそのありがたさを当然の事と思っているんだろうね。

独立起業するということは、生活の安定を放棄するということですよ。

この当たり前のことをちゃんと考えていますか?

生活費の確保もさることながら、もっと差し迫ったリスクもあります。

特にこの2つ

ひとつ目は、いつも仕事があるわけではないということ。

もうひとつは、いつも仕事が出来るわけじゃないということ。

ひとつ目の、いつも仕事があるわけじゃないというのは何となくでも理解できると思います。

もうひとつの、いつも仕事が出来るわけじゃない、というリスクは意外に忘れられています。

人間だれしも生身です。

病気もすれば、怪我もします。

そんな時の事も考えていますか?

また、お仕事の内容によってはお天気都合でお仕事が出来ない事もあるでしょう。

たとえば、塗装屋さんのように。

どんな状況においても生活費は発生します。

また、経営者になったらなったで、業績を向上させるための先行投資や、自己投資も必要です。

未来のための投資資金を確保する必要があります。

とある公共工事専門の会社を経営する社長さんのぼやきを紹介しましょう。

具体的には、「ライン屋」と呼ばれる道路の白線などを書くお仕事の方です。

公共工事は知らない方も多いと思いますが、毎年4月から8月まではほとんど工事がありません。

もし、工事をしていたら、緊急工事か、前年度の予算での工事になります。

しかも、仕事内容は露店でのお仕事で、雨が降ると施工できません。

そのうえ、現場に寄っては、夜間工事になります。

そんなもろもろの条件により、職人さんの日当は目先の数字だけを見ると高額にならざるを得ません。

なのに、元請けのゼネコンの監督さんは、なぜか、普通のお勤めの人の日当に換算して、高いだどうだといわれるそうです。

もっと身近な例でいえば、お正月の神社や、もうすぐやってくるバレンタインの弱小チョコレート屋さんと同じ

稼げるときに稼いでおかないと、次の年までしのげません。

なので、創業の相談でいらっしゃる方にはこんなアドバイスをします。

「一日で3万円は稼げるような計画を作ろう」と。

念のため言っておきますが、売上ではありません。

とりあえずの目標として、一日当たり3万円の粗利の確保。

こんな反論をする方もいます。

「一年間は無休で頑張ります」と。

大切なので繰り返します。

病気やけがの時はどうしますか?

冠婚葬祭などのお付き合いが入った時は?

個人事業でもこれくらいは稼げないと、リスクに対応できません。

ましてや従業員さんを抱えていると、コストも増えるし、リスクも増えます。

民間の保険も各種あるみたいですが、いずれにしても利益を挙げていないと保険金が払えませんよ。

経営するということは、どんな状況であれ、経営を維持する責任が発生します。

いくら立派なミッションを掲げても、経営を維持できなければそれまでのご苦労が水泡に帰してしまいます。

儲けるのは経営者の責務のひとつ。

お金で人を幸せにできないかもしれませんが、お金がないとなにもできないのも真実です。

経営規模に関係なく、経営者という生き方を選択したのであれば、今一度、覚悟を確認することをお薦めします。

セミナーやブログでも伝えきれない、濃いめの情報をご希望の方は無料メルマガの登録をどうぞ
今すぐ、こちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【最新セミナー情報】
http://www.cacatokori.net/seminar_information/new

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
https://amzn.to/2KAvObF

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 - 2018経営実務 , , , ,