事例 一流の会社とは?

   

ようこそ 岡山の経営コンサルタント カカトコリです。
ビジネスの入り口は集客です。
集客を入り口とした経営コンサルタント。
特に法人客相手のお仕事の新規開拓を低予算で仕組み化することや、流通チャネルの改善で収益性を向上させることが得意で「集客の鬼」と呼ばれることが多いです。

午前中は某金融機関様からのミラサポの応援依頼。
 
ジャンルは販路拡大と販促支援。
 
ここの美人社長はすごい。

なにが凄いかって、午後になったら、午前中に話したことをすぐに形にしている。
 
ターゲットは?
 
お客様は?
 
ベネフィットは?

じゃぁ、こんな方法もあるよね、と、ほぼひらめいたことを思い付きで話しただけなのに(おい
 
一流の人は、実践力も凄いみたいです。
 
 
 
【期間限定】
特別無料レポート
『経営戦略のヒント 100連発』
のサンプルとお申し込みはこちらから
http://bit.ly/2VxlI0S  


掲載許可をもらってないけど、訪問先の社内の一部


◆ 事例 一流の会社とは?
 
「一流の会社」と聞いて、あなたがすぐに思い浮かんだのはどんな映像ですか?

スーツの襟元に社員証のついている会社。

街中の中心地にそびえたつ自社ビルを持っている会社。

テレビや新聞の広告で見かける会社。

知名度が高く、誰でもが知っているような会社。
 
入社するのは難しいけど、入ってしまえば定年までい続けたら、世間相場よりも多い退職金をもらえたり、企業年金があったりするような会社。

株を持っていたら、毎年、配当が楽しみな会社。

学生に人気で、いつも、リクルーティングしている会社。
 
無借金経営をしている会社。

などなど

「一流の会社」というだけで、極端に言えば、人の数だけイメージがあります。

経営コンサルタントと言う仕事柄、多種多様な経営者さんの相談に乗ります。

「会社を良くしたい」

「経営者としてレベルアップしたい」

「売り上げを増やしたい」

「もっと集客をしたい」などなど

ここで問題が発生します。

たとえば、「良い会社」とはどんな会社なの?

経営者のレベルはどうやって測定し、何を基準に判断するの?

売上を増やしたいだけなら、原価割れで売ったら?

今の、百倍の受注をこなせるの?

などなど

カカトコリさん的に言えば、これらは経営課題じゃなく、単純に経営者さんのエゴの入った願望。

優れた将軍の条件は、現有戦力で最大の戦果をあげること。

同じように、優れた経営者の条件も、現有戦力で最大の業績をあげること。

経営者が孤軍奮闘しただけで求める成果を達成することができますか?

社の内外の協力が無ければ、業績を良くすることはできません。

そのために、最初は何から取り組むべきなのか?

つい最近、こんな事例がありました。

某企業様での会議の席上での経営者さんの発言。(掲載許可済み)

ここから

弊社の十年後は、(前略)欧米式の経営手法より、日本の伝統ある経営手法の方が日本人の文化や生活様式に合っている。日本のよき伝統を守ることで、選ばれる会社になろう
顧客の夢を叶えるお手伝いで、選ばれる会社になろう。(後略)

ここまで

社長さんは、「欧米型の経営手法」を、狩猟型のマーケティングという意味でつかい、「日本の伝統ある経営手法」を、農耕型のご縁をつなぎ、ご縁を育み、何度も何度も購入してもらう、農耕型のマーケティング手法の意味で使ったのね。

ところが、社員さんからは「今までのやり方と違うじゃないか」と猛反発。

何故だと思います?

社員さんの解釈は、年功序列をやめて、実力主義への転換だと受け取った。

経営者さんは業績と言うか、売上を伸ばす手法のところに意識がいっている。

社員さんは、自分自身の雇用の確保に意識がいっている。

こんな状態でスムーズなコミュニケーションができるわけないよね。

カカトコリさんの師匠は、このことを

  社員教育は言葉の定義づけから

と、教えてくれた。

抽象的な概念を具体的な方針や計画に落とし込むことも実践のためには大切なんだけど、その前に、社員さんを巻き込んで言葉の定義の共通化や、文言の会社の確認をした方が良いと思うよ。

ちょっとした言葉の行き違いが蓄積すると、「方針が違う」と言われ収拾のつかない状態になるよ。

「うちは社員さんとはコミュニケーションをとれています」
 
と、自信満々な会社の社員さんほど誤解している場合が多いよ。

コミュニケーションは上意下達じゃなく、双方向だからね。

「電話を切れ」と指示した時に、オフィスの電話機のコードを切断されても知らないよ(笑

セミナーやブログでも伝えきれない、濃いめの情報をご希望の方は無料メルマガの登録をどうぞ
今すぐ、こちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【最新セミナー情報】
http://www.cacatokori.net/seminar_information/new

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
https://amzn.to/2KAvObF

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 - 2019ミッション , , , ,