良い商品がなぜ売れないのか

   

ようこそ 岡山の経営コンサルタント カカトコリです。
ビジネスの入り口は集客です。
集客を入り口とした経営コンサルタント。

販路拡大や販促支援のサポート役。
時々、叱るので「集客の鬼」と呼ばれています。
得意分野はコンサルタントコンサルティング。


今日一日を最高の日にするためには、何から始める?
 
お布団の中から抜け出すために、いろいろとイメージを膨らませなければならない、春眠の頃(笑

暖かくなってきたからなのか、自分の管理が甘かったのか、ジョギング用の手袋を片方だけ紛失してしまった(涙
 
薄いけど暖かく、汗の吸収と速乾性に優れた良い商品だったのになぁ。
 
ところで、良い商品が売れるとは限らないって知っています?
 
そもそも「良い商品」って、どんな商品のこと?
 
 
ちなみに、ジョギンググローブのお気に入りはこちら

 
左手首の切れ目がポイント
いつでも、ジョギングウォッチを確認できる

◆ 良い商品がなぜ売れないのか
 
 
 
 
 
1・ そもそも良い商品ってどんな商品?
 
良い商品には三種類あるって知っています?
 
ひとつめは、結構多いんだけど、作った人だけが良いと思っている商品。
 
ふたつめは、売る側にとって儲かるからという理由で良い商品。
 
みっつめは、実際にお金を出して買った人にとって良い商品。
 
もちろん、相談してこられるのはひとつめの理由が一番多い。
 
 
 
 
 
2・ 売るための努力をしていますか?
 
ちょっと極端に言うよ。

三種類の良い商品の中で、一番、売るための努力をしているのは、ふたつめの、売る側にとっての良い商品。

基本的に、どんな商品であれ、すべてのお客様を満足させることはできません。
 
そこで、儲けるためにいかにして売るかを真剣に考えて、売れる仕組みを考えたり、売れるしかけを導入したり、販売戦略を考える必要があります。
 
みっつめは、商品そのものがマーケットから支持され、クチコミされたり、お金を払らなくても情報誌で紹介されたり、著名人がプライベートで使っていたりするので、知らないところで勝手に広がっていきます。

もんだいは、作った人だけが良いと思っている場合。

世の中に広める努力もしないで、商品が良いから売れるに違いないという思い込みというか、妄想をしています。

正直、この思い込みを取っ払うのがすごく大変。
 
 
 
 
 
3-1・ 元事務員さんが作った事務の効率化ソフト
 
 
 
 
 
「何軒くらい売れているんですか?」

とある、事務系のリーフレットをみた第一印象の「ダメだこりゃぁ」をぐっと抑えて聞いてみた。

「お付き合いで買ってくれた16本。
 使った方からは『使いやすく便利』と褒められているんだけどなぁ」

パッケージソフトを20万円で売りたいんだって。

リーフレットを見た瞬間に「ダメだこりゃぁ」と思った理由は、ごくごくシンプル。

事務職としての専門語と、ソフト開発者としての専門語の羅列。

専門職なら理解できるのかもしれない。

つまり、お客さま、正確に言うなら、決裁者が見えていない。

ターゲットは専用ソフトをオーダーメイドで発注できないような、中小企業なんだそうです。

ということは、ほとんどの見込み客は心の中で「パソコンは苦手」と思っているような人たち。

そのリーフレットが手元にないので、写真をアップできないのだけど、イメージとしては、小学生に大学生の教科書を理解させようとしているような感じ。
 
 
 
 
 
3-2・ 顧客に合わせて説明しよう
 
社運をかけて開発したり、天才的なひらめきで開発したりしても、見込み客にそのことが関係ありますか?
 
見込み客が興味のあるのは、自社にとってどんな良いことがあるのか これだけ。

たとえば、カカトコリさんなら、事務職の効率化が実際に可能なのであれば、今なら「働き方改革を推進できるソフトの導入に興味ありますか?」と中小企業の経営者の悩み事に焦点を当てた説明をするけどなぁ。

もったいない。

法人客の抱えている三大課題というのがあるのね。

自社の商品をどのような切り口でアピールすると、その三大課題の解決に役立つのか。

この視点で見込み客を見る必要があると思うよ。
 
 
 
 
 
4・ 商品三分にウリ七分

先ほども言ったように、すべての見込み客を満足させることができる商品なんて、世の中には存在しません。

どんな客層に売るのか

宣伝告知方法はどうするのか

販売方法やチャネルはどうするのか

とにかく、売り方を工夫しないと、どんなに良い商品やサービスを持っていても、世の中に広めることはできません。
 
今回の相談のように、良い商品だということを認めている方がいるのなら、そのお客様に紹介をお願いするのもひとつの選択肢。

ただ、単純にお願いをしただけでは、なかなか広がらないというジレンマも発生します。

どうすれば、スムーズに紹介につながり、良い商品を広めることができるのか、興味のある方は4月4日のセミナーにお越しくださいませ。 【残り6席のみ】
 
 
 
 
 
5. 良い商品を広めるために、どんな行動をしますか?


【昨日の出来たこと&嬉しかったこと】

年老いた母と一緒に墓参り
墓参りの帰りには、母の買い出しにお付き合い
 
児童養護施設「南野育成園」さまに定期訪問
子供たちがじゃれついてきて嬉しかった
 
ブログの更新
⇒ https://www.cacatokori.net/blog/202003203687
 
読書ノート
 
夜はおうちで金曜カレーの日活動

【4月のセミナー情報】

「知らないと損する 紹介客が増える方法」
興味のある方は今すぐこちらをクリックして下さい
https://www.cacatokori.net/blog/202003153671
予約ですでに残り6席のみ。
満席の際はご容赦くださいませ。

 

【4月の無料メールマガジン】

「自分を売り込むのが苦手なんですが、自然に自分の強みを前面
に出せるようなライティングのコツを教えてほしいです。」
というお話しです。
無料登録は今すぐこちらをクリックして下さい
http://bit.ly/2GThqNt


この記事のおすすめ図書
https://amzn.to/2Yq1pUf

セミナーやブログでも伝えきれない、濃いめの情報をご希望の方は無料メルマガの登録をどうぞ
今すぐ、こちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【最新セミナー情報】
http://www.cacatokori.net/seminar_information/new

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
https://amzn.to/2KAvObF

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 - 2020経営改善 , , , ,