自社固有の役割の見つけ方

      2020/11/30

オンリーワンとトップワンならオンリーワンの方が簡単に思える。
しかし、オンリーワンに固執しすぎると顧客不在なマーケットになってしまう。
自社の独自性を武器にするために取り組むべきこととは。
 
 

ようこそ 岡山の経営コンサルタント カカトコリです。
ビジネスの入り口は集客です。
集客を入り口とした経営コンサルタント。

販路開拓や販促支援のサポート役。
時々、叱るので「集客の鬼」と呼ばれています。
得意分野はコンサルタントコンサルティング。
 
 
 
「神の手」と呼ばれたアルゼンチンを代表するサッカー選手のマラドーナさんが亡くなったというニュースに驚きました。

「神の手」はすごく印象に残っていて、つい先日のことだと思っていたら、34年も前のことなんですね。

サッカーを引退後は国連の親善大使を務めるなど社会貢献活動もしていた偉大なん人。

まだ60歳という若さに、残念な思いが消えません。
 
世界中に想像もできないくらいサッカー選手がいて、なぜマラドーナが愛されているのか。

彼の独自性や固有の役割はなんなのかを考えつつ、なにかヒントをつかめないかと・・・
 
今日のキーワードは「固有の役割」です。


 
写真は美人スタッフさん達へのワイロ(笑

対応がワンランク良くなるそうです


 
◆ 自社固有の役割の見つけ方
 
 
 
【こんな質問をいただきました】
 
12月3日の無料セミナー『カカトコリのビジネスのヒント(ブロンズ)』にこんな質問をいただきました
 
ここから

自社固有の役割の見つけ方
 
ここまで

50代 建設業 男性から
 
まずは一般論から
 
その仕事をするようになったきっかけ、現在の自社の社会性の取り組み(環境問題などのSDGs系)や強みと得意分野、そして、将来的にその仕事を通じてどんな社会貢献を目指すのか。

試しに箇条書きで良いからリストアップしてみて下さい。

仕事そのものの結果だけじゃない、「思い入れ」みたいなものが浮かび上がってきませんか。

建設業ということで、仕事内容がもうすこし具体的に判れば、例えば、上物が多いのか、土中物が多いのか、民間が多いのか公共が多いのかなどで、見込み客へのアピールポイントは違ってくると思うんですね。
 
たとえば、某水道設備メーカーに勤務する営業マンさんは自分名刺(会社指定じゃない名刺)にこんなキャッチをつけていました。

 社会に無くてはならないお水の仕事

さらに、彼の名刺の裏には、仕事に対する思い入れや業界の「へぇ~~」なエピソードも。

ただ、ここまでは商品やサービスのアピールだけなので、さらに自分自身を売り込むための工夫もしていました。

商品やサービスで固有の役割を顧客目線でアピールしたら、さらに、自分自身を売り込むことで、記憶に粘りつかせようという発想ですね。
 
地域密着型の中小企業の場合、意外に威力を発揮するのが母校人脈。

名刺の裏に、出身の小学校から高校まで書いている人もいました。
 
業界は違うけど、地域の歴史を勉強したり、地域の名所をアピールしたりしてローカルニュースで報道され、企業イメージが良くなり、求職者が増えた企業もあります。

そうそう

元請けなのか下請けなのかでも固有の役割や独自性の作り方は変わります。
 
続きは、12月3日のセミナー当日に

ほかにはこんな質問が届いています。
 
自分はどの道に進めばいいのか、日々考えているのですが、イマイチこれだっていうのが見つからなくて困っています。
どうしたら見つけることができるのか教えて下さい。
 
        40代 経営者 男性

イベント集客に使うネットツールを、LINEで声かけするのと、facebookメッセージでするのとでは、お客様の反応が違うような気がするのは気のせいでしょうか?
facebookメッセージだと、無言スルーされる事も多い気がします。
また、とあるママさん向けの情報誌にも掲載してもらいましたがサッパリでした。
効果的な集客方法を教えて下さいませ。

        60代 起業予定 女性

自社固有の役割をまず叔父の社長、全社員に理解してもらうための方法例がありますか?
優先順位のつけ方も。

        50代 専門商社役員 男性

現在、将来お店を持ちたいと思っている中高生を教えています。
将来、お店の事や経営に携わるために、中高生の間にしていたら為になる学びや経験について、参加者の皆さんのアイデアを教えて頂きたいです。

        30代 サロン経営 女性


以下は無料セミナー『カカトコリのビジネスのヒント(ブロンズ)』の説明と申し込み方法です。

オンライン会議システムのズームを利用した無料セミナーです。

次回は12月3日木曜日 19時から21時まで

無料オンラインセミナー『カカトコリのビジネスのヒント(ブロンズ)』とは

カカトコリのビジネスのヒントブロンズは良い経営者になり、良い会社を作ろうとする中小企業の経営者の皆さんや、これから独立創業を目指す方々や、素敵なリーダーになろうと頑張っているビジネスパーソンたちの課題や悩みに寄り添い、問題解決のヒントになる考え方や着眼点を経営コンサルタントのカカトコリがお伝えします。
 
元々、メールマガジン『The カカトコリ』でお伝えしていますが、リクエストが貯まる一方なのと、文字が苦手な人には動画や音声でもお答えしようと思い立ちました。
 
ズームで録画したものは準備ができ次第、ユーチューブやポッドキャストで配信する予定なのであらかじめご了承くださいませ。
 
お預かりしているリクエストに参加者同士で、一言ずつアドバイスしあうことで「そんな考え方もあるのかぁ」などと、ワイワイ楽しくやっています。
 
参加される方も経営者だけに限らず、お勤めの方、公務員の方、これから独立起業する方やベテランの経営者さんなど業種業態経営規模関係なくにぎやかにやっています。
 
なんと、整理してみたら1000件以上のリクエストが貯まっていました(汗

次回は
 
令和2年12月3日 木曜日 19時から21時ごろまで
 
定員;8名のみ 早い者勝ち
 
締切:令和2年12月2日 正午

参加費:無料

質問が具体的なほど、具体的にお答えすることができます。
質問の背景説明も教えてもらえると、より具体的に対応します。

参加される方のリクエストを優先しますので、参加登録フォームから遠慮なくリクエストしてくださいネ

登録フォームはこちらです

⇒ https://ssl.formman.com/form/pc/cZLxERASTvWEPWCl/
 
時間がある限り、対応させていただきます。
 
素敵な質問やリクエストをお待ちしております。
 
当日、素敵なあなたとご一緒できることを楽しみにしています。

 

 


【昨日の出来たこと&嬉しかったこと】

セミナー参加者さんたちのフォローアップ

ビジネスアイディアの整理
 
読みたかった経済誌の本を大人買い
 


【無料セミナーのご案内】

次回の無料セミナー

カカトコリのビジネスのヒント(ブロンズ)は12月3日木曜日19時よりズームで
詳細・お申し込みは今すぐ下記のリンク先からどうぞ
⇒ https://www.cacatokori.net/blog/202011154409


【最新セミナー情報】 

次回は12月5日土曜日 17時半より 岡山国際交流センターにて
テーマは『業績回復ハイブリッド営業』
セミナーの詳細・お申し込みはいますぐ下記のリンク先からどうぞ
⇒ https://www.cacatokori.net/blog/202011114399
 
 

【12月の無料メールマガジン】

こんな質問をいただきました

「「FAXDMにて優良見込み客を集めております。
 優良見込み客の数は順調に増えていますが受注の数は上がっておりません。
 通常、優良見込み客→受注の確立は何%ぐらいでしょうか」

というテーマで配信します。
無料登録は今すぐこちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori
レイアウトがパソコン用なのでパソコンのメールアドレスで登録することをお勧めします。
登録はもちろん継続配信も無料です。
 
 
 
この記事のおすすめ図書
https://amzn.to/2Yq1pUf

セミナーやブログでも伝えきれない、濃いめの情報をご希望の方は無料メルマガの登録をどうぞ
今すぐ、こちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【最新セミナー情報】
http://www.cacatokori.net/seminar_information/new

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
https://amzn.to/2KAvObF

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 

 

 

 - セミナー情報 , , , , ,