ネット活用とエリア戦略

   

ようこそ 岡山の経営コンサルタント カカトコリです。
ビジネスの入り口は集客です。
集客を入り口とした経営コンサルタント。
「集客の鬼」と呼ばれることが多いです。

今年を振り返ってみる時期が来ましたね。

なんでも、今年を代表する漢字は元号にもなった令和の「令」だそうです。

カカトコリさんは個人的には、やっぱり「孫」かなぁ。

振り返りもさることながら、来年の目標を一文字で表現するとしたら、どんな漢字を思い浮かべますか?

ひとは言葉で考え、言葉でコミュニケーションをとります。

あなたの語彙力や情報発信力、さらにいえば影響力はいかがでしょうか?
 
求めている成果につながっていますか?

 

写真は毎日新聞から拝借した「今年の漢字」

 


◆ ネット活用とエリア戦略


1.  その情報は必要な人に届いていますか?
 
事例その1
とあるブログで見つけた事例

【場所提供、求む】
(10人くらいまでが入れて、水道とトイレがあって月に1回くらいなら、ここ使ってもええよ~)という現在使っていなくてもったいない場所、ありませんか?
情報、ありましたらよろしくお願いいたしますm(__)m

もし、カカトコリさんなら

岡山駅徒歩5分エリア限定【場所提供、求む】
(10人くらいまでが入れて、水道とトイレがあって月に1回くらいなら、ここ使ってもええよ~)という現在使っていなくてもったいない場所、ありませんか?
情報、ありましたらよろしくお願いいたしますm(__)m
連絡はメッセージで24時間受付中

と入り口と出口を明確にするな。


事例 その2

お客様の笑顔が私たちの誇りです

とある、営業マンの名刺のキャッチコピー
 
何かが足らないと感じませんか?

もし、カカトコリさんなら その2

売り上げ不振に悩んでいた中小企業経営者様の笑顔が私たちの誇りです

と、より具体的にするな

 


2.  告白 ある新年会での大失敗

えらそうに言っていますが、そんなカカトコリさんにも、大失敗の苦い思い出があります。
 
まだ、経営コンサルタントを名乗り始めたころのことです。

東京の友人から300人規模の新年会へのお誘いがありました。

「おっ 一気に人脈が広がるチャンス」と、勇んで出かけました。

結果から言うと、200人以上の方と名刺交換したにもかかわらず、無料のメールマガジンの登録すら登録者は見事にゼロ。

「零」 とも「0」とも書くらしい。

ぶっちゃけ、交通費やホテル代、参加費や懇親会費まで含めると10万円近いお金と、往復の2日間という時間を使って、成果は見事に皆無。

もし、社員がそんなことをしたら・・・

経理担当から厳重注意をされました。

 


3.  秘伝 情報発信の極意

悲惨の状況を見ていた友人の一言

「私だったら量は追わない」

最初は意味がまったく判りませんでした。

多くの人に情報を届けることで制約の確率が高まるものだと思っていましたから。

ところが、コンサルティングをしたコンサルタントさんたちが成果を出すようになったので逆に教わりました。

キーワードは「絞り込み」

絞り込むから見込み客に刺さる。
 
絞り込むからクチコミされる。

絞り込むから興味を持たれる などなど

理屈では理解できても、怖い。

どうしたと思います?

 


4.  マーケティングは仮説と検証の繰り返し

自分でやるのは怖いから、クライアントさんに実験台になってもらいました(おい

「このお仕事や、この強みなら、この絞り込みがうまくいくのでは?」と仮説を立てるのがカカトコリさんの役目。

実践してみるのがクライアントさんたちの役目(今だから言えるけど 

ほぼ、仮説通り売り上げが増えたり、行列ができたりするクライアントさんが続出。

本当に驚きました(おいおい

自分でもやってみました。

途中の能書きは割愛します(ネタばれになるので

結果に驚かないでくださいね。

ターゲットは一般的には「個人事業主」または「零細企業」に分類される超小規模経営者さんたち。

世間一般には「コンサルタント」とか「先生」と呼ばれる人たち。

なんと、名刺交換しただけで、数百万円のコンサルを次々に受注することができました。

どんな情報発信をしたとおもいますか?

 


5.  この数字の意味は何でしょう?

リピート率 51.72パーセント

アップセル率 50・00パーセント

仮説と検証を繰り返すときに重要なことは、成果を測定できる物差しを持つこと。

つまり、具体的な目標を持つこと。

たとえば、ネットならアクセス数と売り上げ目標を関数としてとらえることができるか?

おなじように、顧客獲得コスト、生涯顧客利益や、決算書で言えば付加価値率など

なにをどれくらい頑張ればどのような成果が期待できるのか、数値的な根拠なく頑張っていませんか?

ちなみに、数字はカカトコリさんが主宰している売上創造塾の塾生の実績です。

フロントエンド(入り口商品)からバックエンド商品(収益源になる儲かる商品)への誘導がどのくらいできているかを計測したものです。

 

 

6.  重要 より具体的に知りたい方へ

次回1月11日のセミナー第140回売上創造塾でほかの事例を紹介します。
 
まもなく、申し込み方法など詳しくご案内しますのでおたのしみに。

まずは、手帳を開き、1月11日の夕方からの予定に「売上創造塾」とメモしておくことをお薦めします。

詳細はカミングスーン(わくわく


昨日の嬉しかったこと

守破離を具体的に体感。
某セールスレターを書くときに、基本公式に当てはめてもしっくりこない。
いままで、何度も使ってきた「型」なのに。
で、自分なりに工夫した「離」の公式に当てはめたらスラスラ書ける
しかも、それなりに反応率も改善されている。
微妙に成長を感じることができて、おじさんは嬉しいよ(笑


この記事のおすすめ図書
https://amzn.to/2Yq1pUf

セミナーやブログでも伝えきれない、濃いめの情報をご希望の方は無料メルマガの登録をどうぞ
今すぐ、こちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【最新セミナー情報】
http://www.cacatokori.net/seminar_information/new

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
https://amzn.to/2KAvObF

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 - セミナー情報 , , , ,