ブランド化が成否を分ける

   

ようこそ 岡山の経営コンサルタント カカトコリです。
ビジネスの入り口は集客です。
集客を入り口とした経営コンサルタント。

販路拡大や販促支援のサポート役。
時々、叱るので「集客の鬼」と呼ばれています。
得意分野はコンサルタントコンサルティング。

「ブランド?」
 
「ヴィトンやエルメスやロレックスやベンツのことですよね。
 中小企業の経営とどう関係あるんですか?」
 
「う~ん、なんっていえば理解してもらえるかなぁ」
 
師匠について、経営の勉強をしていたころに、本当にあった話。
 
ブランドという言葉をどのように解釈するかで、あなたの今後の展開が大きく変わりますよ。

写真はイメージです


◆ ブランド化が成否を分ける
 
 
 
 
 
1・ブランド化とは
 
ブランドについては、多くの経営コンサルタントさんや営業コンサルタントさんがいろんな主張をされていて、悩む方も多いのではないでしょうか?
 
カカトコリ流のブランドの定義をまずは紹介しましょう
 
  ○○と言えば△△
  △△と言えば〇〇

この○○の中に、一般的な名称、たとえば、時計、バッグ、ラーメン、カレーなどの商品やサービス名が入ると考えてください。
 
次の△△があなたの会社やお店の名前や、あなた自身のお名前になる、と考えてください。
 
ここで、ちょっと質問です。
 
うどん屋さんと言えば?
 
ジョギングシューズと言えば?
 
文具屋さんと言えば?

各々の専門家でもない限り、多くても、5つくらいまでしか思いつかなかったのではないでしょうか?
 
マーケティング業界では、「認知されないのは存在しないのと同じ」と言われているのですが、ちょっと理解しづらくないですか?
 
簡単に言うと、「いざと言うときに、思い出してもらえないのは、存在しないのと同じ」という意味だと思っています。

そして、見込み客に思い出してもらえるようにあれこれ、いろんな手段があるんですが、この作戦のことをカカトコリさんは、「ブランディング」と呼んでいます。
 
 
 
 
 
2・ 何をもって覚えられたいか
 
セミナーでも、よくこの質問をするんですが、ほとんどの方が勝てない、つまり、記憶に残らないことで覚えられようと、ご自身がお客さまだとしたら、絶対に拒絶するだろうなぁ、と思うことを強制してしまうんですよね。
 
全くもって摩訶不思議な現象です。

たとえば
 
 ネイルと言えばひろみ
 
 ひろみと言えばネイル

こんな、感じ。

申し訳ないんだけど、世の中に、「ひろみ」という名前の人が何人いると思ってんの?

ネイルのお仕事をしている人が何人いると思ってんの?

つまり、覚えにくいことを刷り込もうとしているわけよ、解ります?

それに、「ひろみ」だと、性別すら判らんよね(「ひろみ」さんごめんなさい)
 
もし、このひろみさんが、実は元ミスジャパンで、おねえ専門のネイリストだとしたらどうなると思いますか?

すっごく記憶にねばると思いませんか?
 
何が言いたいのかというと、ブランドにプロフィールをくっつけて、ミニストーリーを作っちゃうんです。

たとえば、カカトコリさんの本拠地である岡山は吉備団子とマスカットと「桃太郎」で有名ですよね?

おそらく、このブログの読者さんなら99パーセントの方が、絵本を見なくても、大雑把な「桃太郎」を語ることができますよね?
 
桃から生まれた桃太郎が鬼ヶ島に行って鬼退治をした くらいなら

なんで、覚えているの?

物語りだからでしょ?

あなたの中に眠っている「元」は宝物に化けるかもしれないよ。
 
 
 
 
 
3・ 物語は掛け算
 
詳しい資料は弊社の事務所まで(おい!

まじで、詳しく書くと、本が書けるくらいの情報なんだけど、超要約するよ。

今は〇〇だけど実は元※※で将来は◇◇を目指す○○ 
周囲からはXXと呼ばれている。

このパターン、どこかで読んだことないですか?

そうです。
 
ビジネス書のプロフィールの書き方なんですね。
 
プロフィールは編集さんが書くんじゃなく、著者自身が書いているんです。
 
SNSでもブログでもプロフィールを書く欄がありますよね。

商品での差別化が難しかろうが、簡単だろうが、唯一無二の存在である、あなた自身の物語りを書くことで、圧倒的な差別化を図りましょう。
 
 
 
 
 
4・ とんがれ
 
昨日の出来事
 
知り合いの女性経営者からDMが届いた。
 
カカトコリさんの事務所だとは認識していなかったみたい。
 
元レディースの隊長。
 
レディースとは、女性暴走族のこと。
 
しかも、中四国の隊長をしていたんだって。

その後、座るだけで、ウン十万円の銀座の高級クラブでナンバーワンをなんどかやったことがある。

実業に転じても、旦那である社長を追い出し、自分が社長になり、その業界では地区のトップを走り、昨日のDMでは新たな業界に進出したみたい。

DMの作り方も凄いので、シークレットセミナーの資料に使うかも?

何が言いたいのかというと、トップを取る人は、分野が違ってもトップになれるってこと。

あなたはどんな分野でとんがりますか?

念のため、言っておくけど、頑張っただけじゃトップにはなれないよ。
 
戦略が無いと。
 
クラブ由美といえばめぐみちゃんでしょ?

と、おじ様たちに言われてたんだって。


【昨日の嬉しかったこと】

事務員さんが「休みたいときには休め」という弊社独自のルールを利用しお休み。
代わりに、事務所の留守番。

知らない電話には「社長が留守なので判りません」とちゃんと対応できた(笑

4月4日のセミナーは「知らないと損する 紹介客が増える方法」
詳細が決まり次第、こちらブログでもご案内しますので、お見逃しなく。
予約ですでに残り10席のみ。

 

4月のメルマガのテーマは
「自分を売り込むのが苦手なんですが、自然に自分の強みを前面
に出せるようなライティングのコツを教えてほしいです。」
というお話しです。
無料登録は今すぐこちらをクリックして下さい
http://bit.ly/2GThqNt


この記事のおすすめ図書
https://amzn.to/2Yq1pUf

セミナーやブログでも伝えきれない、濃いめの情報をご希望の方は無料メルマガの登録をどうぞ
今すぐ、こちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【最新セミナー情報】
http://www.cacatokori.net/seminar_information/new

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
https://amzn.to/2KAvObF

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 - 2020経営改善 , , , ,