経営者のための三角関係とは

   

起業するなら自社のことだけ考えていたらダメだよ。
マーケットのこと、同業他社やライバルのことも考えなきゃ。
経営者には三角関係で勝ち残ることが求められるからね。
 

ようこそ 岡山の経営コンサルタント カカトコリです。

ビジネスの入り口は集客です。

集客を入り口とした経営コンサルタント。

良い会社を創りたい良い経営者さんを応援します。

時々、叱るので「集客の鬼」と呼ばれています。

得意分野はコンサルタントコンサルティング。

多くのクライアントさんから

「解かりやすく実践的で、成果に結びつく」と好評をいただいています。

 

いつになったら、安心して孫に会いに行けるんだろう?

大阪の吉村知事が新型コロナウイルスの緊急事態宣言を政府に要請する意向を表明したそうです。
 
昨夜泊まっていたホテルでは夕食と朝食のサービスがあるんだけど、みんな部屋に持ち帰り頂いている。

三密を避けつつ、経済もまわさなきゃならないから大変じゃ。
 
カカトコリさんは相変わらず、いつも通り、自分専用の787で全国を飛び回っているけどね。

さて、本日はこれから独立起業する方や、売上の伸びに悩んでいる経営者さんに向けた記事です。

経営者が避けることのできない三角関係とは
 
 
 
写真は昨夜のホテル


シングルの予約なのに無償アップグレードでダブルベッド
ひとり悶々と(笑

 

 

 
◆ 経営者のための三角関係とは
 
 
 
【彼女は三角関係で悩む?】
 
 どうせいつかは死ぬし、やらない後悔より、やって反省

と、思ったのかどうかは知らんけど、ほぼ背水の陣で起業した彼女は独身。

しかも、一人住まい。

女性起業家のなかには、親の介護があったり、育児や子供教育があったりで、なかなか大変な方が多い。

旦那の協力を得られればいいけど、皆さん、本当にご苦労されている。

と、出張族でプライベートの約9割を我が愛妻ガミゴン殿に頼り切っているカカトコリさんが言っても、まったく説得力無いけどな。
 
一人住まいだから気づかないのか、もともとそういう考え方をご存知ないのか、三角関係とは無縁に思える彼女。

妙齢の女性の一人住まいで三角関係となると下衆な勘繰りをする輩もおるが、そっちじゃないけぇ

ビジネスにおける基本的な三角関係のことじゃけん

自分

見込み客

ライバルや同業者

この三角関係のこと

どうせいつかは死ぬし、やらない後悔より、やって反省

と、自分のやりたいことで起業したらしい
 
三角関係が嫌いなのか、懲りたのか知らんけど、極端に言えば自分のことしか考えていないように見える

お客様のことを考えているという人のほとんどがここで失敗するんだけどね

「これを提案して断られたらどうしよう」

という心配。

これ、厳密に言えば、恋愛の告白と同じで、自分は嫌われたくない という心理が働いているよね。

相手には相手の都合があるんだから、告白したからと言って受け入れられることの方が少ないことに気づけよ。

それは、お仕事の場合も全く同じ

ライバルがいるのも恋愛でもビジネスでも共通

というか、カカトコリさんの場合は、あまりにもフラれることに慣れてしまっているというウワサもあるけどな。

では、ひとつずつ詳しく見ていこう


 
【顧客のニーズとはなにか?】

たとえば平日のランチでにぎわう郊外の飲食店

店主は「美味しい」とか「リーズナブル」だから人気があると思いこんでいる

利用者の多くは自動車での来店

ほとんどの車が北向きに駐車している

つまり、ランチ以上に食後の一休みの場所としてその飲食店を利用しているという事。

このように顧客のニーズと売る側の思い込みが食い違っているのはよくあること。

彼女は顧客の本当のニーズを知っているんだろうか?

 

【自分の強みは何か?】

自分の好きなことと得意なことを混同している方も、なぜか女性起業家さんには多い
(あくまでも自社調べ)

好きは自己評価

得意は他者評価

社交辞令に惑わされていないだろうか?

「ぜひ、カカトコリさんのセミナーにも行ってみたいです」

と、『マネーの虎』に出演していた経営者さんに言われたことがある。

当時、東京でやっていたセミナーはダントツでオンリーワンな実績を出していた

「次は再来月の25日に渋谷です」

と、答えたものの今のところその方から申し込みは届いていない。

これも経験則なんだけど、女性の方がこういった社交辞令が好きみたい。

カカトコリさん的には自分自身の信頼やブランドを考えると社交辞令は言わないことにしている。

好きなことを得意にするための方法のいくつかも伝えている

が、「それでもお客様が来なかったらどうしよう」という自己中心的な心理が働くのか実践している様子はない。

どんなビジネスでも得意なことでお客様に貢献しないと売上に利益にもならないと思うんだけどな。

貢献したことに対する感謝が形になったものが売上や利益。

 

【自分の独自性は何か?】

利益をマックスにしたいなら目指すべきは唯一無二

もちろん、マーケットから望まれているという前提条件は必須。

「見透かされているようで怖い」

と、言われたことあるよ。

とある女性起業家さんから。

別に見透かしているわけじゃなく、豊富な事例と鋭い観察眼でクライアントさんの気持ちや心理を読み取っているだけ。

怖がられても困るので、最近はおとなしくしているよ

ただ、正直でいたいのでダメ出しはするけどね

拙著『幸せな人には当たり前なのに多くの人がやっていないこと』(あさ出版)にも書いたけど

ダメ出しは、あなたならもっとできるでしょう、という期待なんだけどな。

なるべき、クライアントさんのレベルに合わせて、解りやすく実践しやすいように

 

【お客様はなぜあなたを選ぶのか?】

考えてみたことありますか?

お客様がなぜ、自社や自分のことを選んでくださるかを。

無駄なのでやめた方が良いですよ。

なぜ、だと思いますか?

5月8日の売上創造塾のセミナー『イベント集客成功の極意』極意でも話すつもりなのでお楽しみに

セミナーの詳細やお申し込み方法は今すぐこちらをマウスでクリックしてください

⇒ https://www.cacatokori.net/blog/202104074919

今回はズーム開催です。

移動時間も移動距離も関係ありません。

タイミングの合わない方のために、いつものようにDVDの先行予約も受け付け中

詳しくは上記のリンクよりご確認下さいませ

セミナー当日、素敵なあなた様とご一緒できることを楽しみにしています。

 


本日も最後までお読みいただきありがとうございます。


【過去セミナー参加者の声】


【昨日の出来たこと&嬉しかったこと】


ホテルが準備してくれた夕食のお弁当が美味しかったのでお代わりしてしまった
ダイエットも日曜日(笑


推定70年前くらいのハーレーを目撃
古いトライアンフや40年前くらいのCB750やZ750と一緒にツーリングしていた
なんか、感激

 

 

【無料セミナーのご案内】

今回は
「数学は苦手ではないのですが、仕事での数字の扱いは苦手意識が強いです。
 決算書の読み取り方を知りたいです。」など

カカトコリのビジネスのヒント(ブロンズ)は5月6日木曜日19時よりズームで
詳細・お申し込みは今すぐ下記のリンク先からどうぞ
⇒ https://www.cacatokori.net/blog/202104064914


【最新セミナー情報】  ※ズーム開催

次回は5月8日土曜日 17時半より 
テーマは『イベント集客成功の極意』
セミナーの詳細・お申し込みは今すぐ下記リンクをクリックしてご確認くださいませ
⇒ https://www.cacatokori.net/blog/202104074919
 

【5月の無料メールマガジン】

こんな質問をいただきました

「SNSを効果的に利用して集客をアップさせたいです」
というテーマで配信します。

無料登録は今すぐこちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori

レイアウトがパソコン用なのでパソコンのメールアドレスで登録することをお勧めします。
登録はもちろん継続配信も無料です。
 
 
 
 
【この記事のおすすめ図書】
https://amzn.to/2Yq1pUf

セミナーやブログでも伝えきれない、濃いめの情報をご希望の方は無料メルマガの登録をどうぞ
今すぐ、こちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【最新セミナー情報】
http://www.cacatokori.net/seminar_information/new

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
https://amzn.to/2KAvObF

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 

 

 

 - 2020ステップアップ , , , , ,