自社独自のサービスや技術

   

固有な独自性と問いかけられて即答できる経営者さんは何人くらいいるんだろう?
技術やサービスはすぐに真似されるよ、価値があると思われたらね。
本当に価値のある独自性とは『星の王子さま』にヒントがあるよ。
 

ようこそ 岡山の経営コンサルタント カカトコリです。

ビジネスの入り口は集客です。

集客を入り口とした経営コンサルタント。

良い会社を創りたい良い経営者さんを応援します。

時々、叱るので「集客の鬼」と呼ばれています。

得意分野はコンサルタントコンサルティング。
 

 
今朝の朝ドラ面白かったぁ 

作業をしながら見ていたので完璧じゃないけど
 
対抗する劇団に台本を盗まれた
 
盗まれた側の座長が、真似できるもんなら真似してみろとほかの台本もくれてやるという内容

ビジネスそのものは表現するステージだと思っている

座長に食いついていくおちょやんもおもろかったなぁ

ということで、本物の同業者やライバルに真似されない独自性とはなんだと思いますか?

 


三菱でジャンボ?と思った方はカカトコリさんの「787」ドリームライナーの正体を知っている人

 
◆ 自社独自のサービスや技術

 

「同業者に真似されないよう、自社独自のサービスや技術を発信する方法を知りたいです。」
という質問が届きました。

げっ!

いま、今月のツアー中でブログ記事を書く時間の確保がなかなか困難な状況

「メルマガで書いたメインコンテンツをコピペするべ」作戦を思いつき、改めて質問を読み直して新しい気づきに戸惑っている。

誰に、どんな目的で発信するんだろう?
 
「同業者に真似されないように」は情報発信の方法なのか、独自な技術やサービスなのか、同業者の模倣を防止するのなら業界内に向けて発信しなきゃならない。

業界内限定で良いのか、ユーザーを含む業界関係者なのか、マーケットにいる一般消費者までなのか、マスコミも巻き込みたいのか

同業者に真似されないで、エンドユーザーにブロンディングさせる方法ならやったことあるから体験談を聞きたいのか
 
悩み中

質問するときには背景説明をつけていただけると助かります。
 
ということで勝手に解釈して書いたメルマガの文章がこちら

以下メルマガ『The カカトコリ』より部分転載

誰に向けて発信するんだろう?

同業者にまねされないように、ということなのでお客様なのかなぁ?

仕入れ先に教えたら、しれーっと「私がお世話した事例です」なんていう悪質な営業トークに利用され、拡散される可能性もあるもんな。
 
情報発信というと、インターネットのSNSやブログなどをイメージする方が多いんだよね。

3月のセミナーでも話したけど、ホームページなどのネットツールは同業者にも見られていることを意識しないと漏れちゃまずい情報まで見られていますよ。

もし、その情報が今回のように「自社の独自なサービスや技術」だったらどうなると思います?

豊富な資金力で真似されたり、さらに素晴らしいサービスや技術を開発されたりしたら我々中小零細企業はシェアを奪われてしまいますよね。

なので、どうしても発信したいのならアナログの販促ツールを使うことをお薦めします。

ところで、その独自な技術やサービスは本当にお客様を惹きつける要因なんでしょうか?

カカトコリさんは元々セールスエンジニアでお客様の工場の機械のメンテナンスや修理もしていたんですね。

修理の時にお客様が求めているのは、速く、安く、綺麗に の3つ。

3つの条件を同時にクリアできないときには優先順位を話し合いで決めていました。

世の中には、いろんな技術系のお仕事があります。

理美容、料理、針鍼灸、歯医者、IT系、修理系・・・・

技術系のお仕事の方は自分の技術を自慢したいとか、認められたいとか、もっと極めたいとか、技術に関する願望をいろいろと持つ傾向にあるんですね。

若いころのカカトコリさんも同じだったからよく解ります、その気持ち。

でも、それってお客様が本音で望んでいることでしょうか?
 
カカトコリさんのセミナーの卒業生で今は東京でプロマジッシャンになる修業をしている吉川さんがいます。

マジックそのものはアマチュアの時から上手かったけど、このままじゃぁプロにはなれないなと思っていました。

マジックショーにお客様が望むものは何でしょうか?

モーニングの内ポケットから鳩が出てきたり、シルクハットからトランプが出てきたりすることですか?
 
お客様が事前に引いたトランプカードを当てて見せることですか?
 
どうせなら、お客様が引いたんじゃないカードを引いて外れを演出しておいてそのままトランプをテーブルの上に置き、お客様のリクエスト通りに次から当て続けた方がお客様は感動すると思うんだけどなぁ。

って、そんなことできるんだろうか?

吉川さんならできるんですね。なんせ、変態だから。(うそ

カカトコリさんが知っている、種も仕掛けも使えばできるよ(詳しくは企業秘密)

ここで問題です。

マジックショーに来ているお客様が事前に種も仕掛けも知っていたらショーとして成り立つでしょうか?

種も仕掛けも知りたいのはマジッシャン、つまり、今回の質問にある同業者だけで、お客様は関心は示したとしても価値を認めてくれるでしょうか?

もっといえば、価値を認めお金を払ってくれるでしょうか?

独自性があってもお客様が同業者にお願いするとき以上にお金を払ってくれないと強みとは言えないんじゃないでしょうか。

カカトコリさんは経営コンサルタントという仕事柄、創業予定者から経営者歴が数十年というベテラン経営者さんもお世話します。

「自社独自の・・・云々」と自慢する経営者さんも多いです。

その場では大人なので言いませんが、全国でいろんな業界の多くの事例を見てきているのでほとんどの場合、社交辞令的な対応しかできないんですね。

「すごいです~ね」と。

ドラッカーがこんなことを言っています。

 『成果は外にある』

成果の部分を強み、勝ち、独自性と読み替えてみて下さい。

どんなお仕事でもお客様の持っている以上の大量な事例を持っているのがプロですよね。

特許を取ろうが、商標を押さえようが、ちょっといじって真似られるようだとどうなんでしょうか?

同業者から「あそこの〇〇はマネできない」と言われるレベルを目指しましょう。

情報発信をして真似られるようなレベルでは独自性があると言えるでしょうか

ぜひぜひ、プロとしの技術を極めて下さい。

国営放送の「プロフェッショナル」での放送を楽しみにしています。

参考になりましたでしょうか? 

感想なども送っていただけると励みになります。

ここまで転載及び加筆修正

本物の独自性とはなんだと思いますか?

あなたの中にもあるんですよ。

必ずあります

ヒントを言うなら技術やサービスのさらにその奥側です。

なんだと思いますか?

この記事の中に書いているので見つけてみて下さいネ 
 
 

 


本日も最後までお読みいただきありがとうございます。


【昨日の出来たこと&嬉しかったこと】


滋賀県のクライアントさんからちょっと嬉しいお仕事の依頼
担当スタッフが張り切ってくれる


福井の新規の訪問先で超ビックリ
爆笑ネタなんだけど、守秘義務があるのでここでは書けないのが残念

 


【無料セミナーのご案内】

今回は「成功するために個人のブランディングをいかに形成するか」など

カカトコリのビジネスのヒント(ブロンズ)は4月1日木曜日19時よりズームで
詳細・お申し込みは今すぐ下記のリンク先からどうぞ
⇒ https://www.cacatokori.net/blog/202103094817


【最新セミナー情報】 

次回は4月3日土曜日 17時半より 
テーマは『売上数字の作り方考え方』
セミナーの詳細・お申し込みは準備中です
スケジュールを確保してお待ちくださいませ
 

【4月の無料メールマガジン】

こんな質問をいただきました

「セミナーに参加するときに聞いてみたいこと,リクエストが20分ほど思案しても、思い浮かんでこない時,何かよいヒントや解決策を教えてください。」
というテーマで配信します。

無料登録は今すぐこちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori

レイアウトがパソコン用なのでパソコンのメールアドレスで登録することをお勧めします。
登録はもちろん継続配信も無料です。
 
 
 
 
【この記事のおすすめ図書】
https://amzn.to/2Yq1pUf

セミナーやブログでも伝えきれない、濃いめの情報をご希望の方は無料メルマガの登録をどうぞ
今すぐ、こちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori

本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてあなたの大切な方とシェアして頂けるとすっごく喜びます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【最新セミナー情報】
http://www.cacatokori.net/seminar_information/new

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
https://amzn.to/2KAvObF

弊社への【お問い合わせ】は今すぐこちらからどうぞ
http://www.cacatokori.net/contact

 

 

 

 - 2020ステップアップ , , , , ,