お客様の記憶に残す極意 

      2021/08/22

いざというときにお客様の記憶に残っていないのは存在しないのと同じ。
ネットでの情報発信は見に来てもらう必要がある。
確実に情報発信するには?
定期的に情報発信するためのネタ切れさせない裏技とは?


今朝の気になったキーワード

  八尾市の「ジュエリーキクヤ」
 
と 

 東大阪市の「山本光学」
 
山本光学のサングラス、スワンズは全日空の機内販売でゲットして一時期使ってた。
 
パラリンピックの水泳選手用のゴーグルも開発しているんだって。
 
また、スワンズ買って応援しなきゃ。
 
八尾市の「ジュエリーキクヤ」では、時計の電池交換を引き受けるごとに代金のうち1件当たり50円ずつをため、平成27年度から毎年市へ寄付を続けてきたんだそうです。
 
その金額の累計はなんと69万2千円。
 
素晴らしい取り組みですよね。
 
カカトコリさんの腕時計には電池は入らないけど、より多くの方に良い会社を知ってほしいのでシェアしておきます。
 
数多ある同業者との違いを定期的に発信することは、お客様の記憶に残す手段として有効。
 
問題は、単なる売込みじゃなく好感をもってお客様の記憶に残すことなんだろうな。
 
キーワードは「運動」かもしれないな。
 
どういうことかと言うと・・・

 

 

ようこそ 岡山の経営コンサルタント カカトコリです。

ビジネスの入り口は集客です。

集客を入り口とした経営コンサルタント。

良い会社を創りたい良い経営者さんを応援します。

時々、叱るので「集客の鬼」と呼ばれています。

得意分野はコンサルタントコンサルティング。

多くのクライアントさんから

「解かりやすく実践的で、成果に結びつく」と好評をいただいています。

良い会社を創りたいと頑張っている良い経営者さんの良きパートナーになることを目指しています。

 

雨降りの日にご飯をやったら、毎日、ご飯を食べに来るようになった『ポチ』(『カラアゲ』改め)

この長雨で、自分のねぐらに帰らなくなっり飼い猫に昇格した?
皆様も安全な場所でお過ごしくださいませ。

 

 
◆ お客様の記憶に残す極意 

 

【緊急追記】

 

下記セミナーはズーム開催になります。

 

お申込み時に登録いただいたメールアドレスにセミナー前日にパスワードなどを配信します。
 
 
【鉄則】
 
いざという時に、お客様に記憶されていないのは、存在しないのと同じ。

悔しい思いをしたことがあります。
 
新規開拓したお客様に新商品をピーアールしたのね。

他のお客様にもいつも以上に買っていただいていた人気商品だから自信満々で。

その時は成約できなかった。

でも、次回訪問したら同業他社から買っていた。

「買おう」と思った時に弊社のことを思い出してもらえなかったんだろうな。
 
悔しかったなぁ~。

それ以来、特に取引の年数の短い新規客ほど記憶に残してもらう努力をするようになりました。

二度と悔しい思いをしたくないからね。

 

【お客様には種類がある】

見込み客・購入客・リピーター客・ファン客などの種類があるよね。

もっと細かく分けることもできるけど、今回は特に見込み客の中でもカカトコリさんは「興味客」と呼んでいます。

問題は興味客の方々と購入客の皆様の記憶にいかに残すかということです。

 

【こんな質問が届きました】

ここから

うちの顧客は幅広いですが、主力は熟年女性です。
この世代はネットや携帯を使いこなしてない方が多いです。
今のところ新聞広告を主に考えているのですがなにかほかにお薦めの方法がありますか。
    30代 サロン経営 女性

ここまで

ネットを使いたがる人が多い中でアナログツールである新聞に着目するセンスは素晴らしい。
 
ただし問題点がないわけでもない。

一番気になるのは次の数式が成り立つのかというところ

  顧客獲得コスト<顧客生涯利益

つまり、コスパがどうなのかというところ。

サロン経営という事ですが、エリアに同業他社が何件くらいありますか?

美容院のようにリピート性の高いお仕事だとお気に入りのサロンがありますよね。

どうすればブランドチェンジしてもらえるんでしょうね。

念のため言っておくけど、値下げをしたんじゃ先ほどのコスパが悪くなるだけなので、できればお試し価格などの値下げはしたくないですよね。

新聞広告が成功したとしても一日にこなせる仕事量に限界もありますよね。

カカトコリさんだったら、○○で見込み客をセレクトして記憶に残すために△△で刷り込みするな。
 
「○○」と「△△」には何が入るでしょう?

 

【2年間で売上が8倍】

○○で見込み客をセレクトして記憶に残すために△△で刷り込みした事例

消耗品のメンテナンスの企業さん(某上場企業の直系子会社)
見込み客をリストするとはるかにクライアントさんのキャパを超えてしまった
見顧客を絞り込み、情報の先出しをすることでユーザーさんから「お世話してください」とお願いされる営業スタイルを構築
コンサルした2年間で売上が8倍になった。
 
 
建設機械の修理の企業さん
日常の機械のメンテナンス方法をユーザーさんに向けて指導することで主導権を掌握。
日常的なメンテナンスをしていても壊れるときには壊れる。
人間は過ちを犯す動物だからね。
そこで、専門家の出番。
コンサルした1年間で売上げも粗利も昨対比340パーセントを達成
 
 
個人経営の整体屋さん
コンサル継続中
定期的な情報発信をつづけ2年で売上げが20倍
セミナー当日も参加する予定なので具体的な取り組みはご本人に聞いてください
 
 
個人経営のイラストレーターさん
売れるからくりを構築し、さらに自社独自の工夫をすることで、「半年待ちのイラストレーター」の異名を持つようになった。
彼女の独自の工夫はもう時効なので当日紹介するかも?


そのほかの事例は参加される方々のお仕事内容を考えて紹介しますね

リピート性の高い商材や、「匠の技」を必要とするお仕事ほど有利です。
あなたの優れた技術を寝かせておくのはもったいない。

 

【記憶のメカニズム】

こんな質問もあります

ここから

名刺を作り直そうと思っています。
どんなキャッチコピーにすれば一発で覚えてもらえるようになりますか?
    30代 営業 男性

ここまで

素晴らしい質問をありがとうございます。

逆に質問です。

あなたは、英単語や歴史の年号を一発で記憶することができましたか?
 
数学の公式や科学の分子式はどうでしょう?
 
気になる異性のことはすぐに覚えることができても、興味のない公式や年号なんか何度トライしても覚えられなかったんじゃないですか?

見込み客の立場になってみて下さい。
 
買う側の時にできないことを、売る側になったら見込み客に期待するのはおかしくない?

見込み客はあなたが勝手に期待しているだけですよね。

あなたの商品やサービスに興味がないと記憶には残りません。

記憶に残してもらうための取り組みが必要になります。

心理学では常識になっている『単純接触の法則』や『親和の法則』を活用がおすすめ。

しかし、ここで、いくつかの問題が発生します。

見込み客の中からいかにして興味客をセレクトするのか。
 
繰り返し接触し記憶に残すためには、どんな手段を採ればお客様にストレスを与えることなくコミュニケーションができるか

売る側も断られるというストレス体験をすることなく、定期的にアプローチできるのか。
 
発信した情報を興味客は読んでくれるのか。

さらに、ネタ切れさせないためにどんなことに気を付けると良いのか。

見込み客から興味客をセレクトしてもお客様にストレスを与えてしまうと成約はできません。

考えてもみて下さい。

嫌いなヤツから買いますか?

あなたならどうしたら良いと思いますか?

 

【お客様の記憶に残す極意】

今回の売上創造塾のセミナーは『お客様の記憶に残す極意』と題して、見込み客の中からあなたの商品やサービスに興味を持ってくれる成約率の高いお客様をセレクトする方法や、興味客にストレスを与えることなくフォローする方法。さらに、定期的情報発信の際のネタ切れさせない裏技などをお伝えします。

 

【こんな方にお勧めします】

中小企業の経営者さん
 
販売に従事しているリーダー
 
売れるからくりをマスターしたい方
 
面談しない営業方法を構築したい経営幹部
 
対人接触が苦手な営業マン
 
特にご自身でも営業現場に出ていく中小企業の経営者さんに強く、強くおすすめします。

 

【主な内容】

・お客様には種類がある
・定期的な情報発信の裏側

 

【参加するべき三大理由】

1・効率的な営業方法がわかります
2・興味のない人に売り込むという無駄な努力をしなくて良くなります
3・定期的な情報発信の裏技を伝授します。

さらに今回は特別に

コロナ禍の状況でも使える非接触型営業方法が身に尽きます。

 

【5つの約束】

1.安心の返金保証付き

万が一、セミナーに満足いただけない時は、理由の如何に関わらず、参加費を全額お返しします。
配布資料の返却は必要ありません。

2.安心のドタキャン・遅刻対応

参加費を振込みしたけど、急な用事などで、参加できなかった場合は、セミナー資料とDVDを無料で送らせていただきます。
30分以上遅刻した場合も同様の対応をさせていただきます。

3.落ち着き集中できる空間

お席はお隣が気にならない三人テーブルに1人掛け
女性の方も安心です。
ソーシャルディスタンスにも配慮しています。

4.初参加の方・初心者にも親切

難しい言葉、専門用語は使いませんので、起業予定の方や、初参加の方も一緒にワクワク楽しく学べます。

5.解りやすく実践的

机上論でない、自社でやって成果のある事例や、コンサル現場で学んだり、気づいたりした実践的内容を
提供します。


【セミナー概要】

第158回売上創造塾 in 岡山

『お客様の記憶に残す極意』 

主な内容
・お客様には種類がある
・定期的な情報発信の裏側
 など 
 『リクエスト・質問コーナー』 

講師:経営コンサルタント カカトコリ
日時:令和3年9月4日(土)
   17:30 開場
   18:00~20:30 セミナー
   21:00~ 懇親会 

会場:岡山国際交流センター
   岡山駅より徒歩3分

セミナー参加費: 11,000円(先振り込み:返金保証付き)

DVD先行予約特価:9,900円(送料、消費税込み)

※地方の方、タイミングの合わない方のために、DVDの先行予約も受付中

注意:状況によりズーム開催になります(含 懇親会)
   変更は申し込みの際お預かりしたメールアドレスに連絡いたします
   ズーム開催の場合、懇親会はオンラインになります。

申込方法
セミナー参加希望の方はこちら
https://ssl.formman.com/form/pc/Y7FFxa1EAu7W0HAL/
DVDの先行予約はこちら
https://ssl.formman.com/form/pc/sKbdOzbMFgB5Lfpd/

申し込みフォームが正しく動作しない場合はメールしてください
メールタイトルは「セミナー参加希望」でお願いします。
mail@cacatokori.net まで

 

【セミナー参加特典】

1.裏メルマガの購読権
  ネットで公開していたら「こんなもんタダで出すな」って怒られちゃいました
 
2.無料メール相談の権利
  永久に無料です(ただし、一回につき、一案件でお願いします)
  大雑把には、200文字程度でお願いします。

3.初回面談割引
  通常、2時間5万円の面談をセミナー参加者のみ、2時間3万円で提供します  
  注)県外の方は交通費のご負担をお願いします。

3. FaceBookを使われている方はFaceBookグループ「売上創造塾岡山」に招待させていただきます。
  現在200名の方々が参加されているグループです。
  友達になっていない方は、招待できません。
  セミナー参加後、友達申請や承認をお願いします。

4. 不定期開催のシークレットセミナーに優先的に参加していただけます。

 

【コロナ対策について】

会場入り口に消毒液を配置しています。

ソーシャルディスタンスを確保するためにお席はゆったり確保しています

急な体調不良が発生した場合は、後日、DVDを送らせていただきます。

受付時の体温計測にご協力ください。

マスクの着用をお願いします。

 

【安心の返金保証付き】

万が一、セミナーに満足いただけない場合は、一週間以内にお申し出ください。

セミナー参加費を全額、お返しします。

資料返却の必要はございません。

 

【前回参加者の声】

「中小企業だからこそブランドを創らないといけないよ」というのをきいて「?」と思いましたが、弱者だからこそ、より確実に知ってもらえ“何か”がないといけないんだと思いました。
“刷り込み”をするための短くてもうちのことだとわかるように考えてみます。
本日もありがとうございました。
 
   有名希望 肩こり専門整体 山本明子さま

 

少しずつ単語が(耳できいた)つながりかけているように思いますが、まだまだ先生、先輩方にご指導いただきたいと思います。
よろしくお願いします。
   匿名希望 工務店幹部 女性

 

お客様に記憶していただくために、お客様と積極的にコミュニケーションをしっかり取り、SNSでコメントをしていただけるようアプローチしたいと思います。
    有名希望 おたふく蔵 伊藤剛さま

などなど

 

【最後に一言】

ブランド戦略の方針が決まっただけではブランド効果が起こることはありません。

既存客や興味客に対してブランディングしていくことが大切なんです。
 
いかにしていざというときに思い出してもらえるか。
 
記憶に残すためには、単純接触の法則を活用し接触頻度を高めるしかありません。
 
しかし、お客様の立場になって想像してみて下さい。
 
興味はあっても、今すぐ買う気がないのに何度も何度も接触されたらストレスですよね。

今回のセミナーでお客様にストレスを与えることなく、売る側も断られるストレスを感じることなく接触する方法と、定期的な情報発信の裏技を身に付けましょう。
 
特にコロナが収まらない状況での、我々中小企業にできる低予算での非接触型の営業スタイルに興味のある方の参加をお待ちしています。

お気をつけてお越しくださいませ。


【シェア・拡散のお願い】

この記事を優しいあなた様のSNSなどで、シェア・拡散してください。

シェア・拡散1回につき100円を愛情あふれるあなた様に成り代わり、児童福祉施設南野育成園様に寄付させていただきます。
いつも、ご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。
 
シェア・拡散は下記のSNSボタンでワンクリックでできます。
 
 
 
【今後のセミナーの予定】

2021年10月2日
売れる文章の書き方

2021年11月6日
売上につながる自己紹介とは

2021年12月4日 
猫でも解る決算書の読み方

2022年1月8日
売れるからくりの創り方

2022年2月5日
社員が結束するチーム作り

2022年3月5日
企画中

 

 


本日も最後までお読みいただきありがとうございます。


【過去セミナー参加者の声】

【昨日の出来たこと&嬉しかったこと】

昨夜は前日のリベンジ
岡山理科大学の津島キャンパスに『登山』してこのタイムは満足。
次の目標は理大登山して10キロを1時間半以内
良い目標ができてうれしい。

 

 

【無料動画配信始めました】

⇒ https://www.youtube.com/channel/UCaXa9SLZ-XwCyNW_6ijKBUg
チャンネル登録もお忘れなく


【無料セミナーのご案内】

今回は

「成功する人たちに見る、共通したものの見方、思考等」など

カカトコリのビジネスのヒント(ブロンズ)は9月2日木曜日19時よりズームで
詳細・お申し込みは今すぐ下記のリンク先からどうぞ
⇒ https://www.cacatokori.net/blog/202108135471


【最新セミナー情報】 

次回は9月4日土曜日 17時半より 
テーマは『お客様の記憶に残す戦術』 
セミナーの詳細・お申し込みは今すぐ下記リンクをクリックしてご確認くださいませ
⇒ 準備中です


【9月の無料メールマガジン】

こんな質問をいただきました

「行動を継続させるためのセルフコントロールの手法」

というテーマで配信します。

無料登録は今すぐこちらをクリックして下さい
http://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori

レイアウトがパソコン用なのでパソコンのメールアドレスで登録することをお勧めします。
登録はもちろん継続配信も無料です。 
 
 
【この記事のおすすめ図書】
https://amzn.to/2Yq1pUf




本日もお読みいただきありがとうございます

この記事は参考になりましたでしょうか?

感想コメントなどをいただくと励みになります。

あなたの大切な方に記事の下にあるSNSのボタンをクリックしてシェアしてください。
きっと喜ばれるとおもいます。

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利ですよ

【無料動画配信始めました】

https://www.youtube.com/channel/UCaXa9SLZ-XwCyNW_6ijKBUg
チャンネル登録もお忘れなく

【8月のオンライン無料セミナーのご案内】

『無名商品の売り込み方』
令和4年8月4日木曜日 19:00〜21:00 ズーム
詳細は今すぐ⇒ https://www.cacatokori.net/blog/202207218840

【8月の無料メールマガジン】

「お客様の声から自社、自分の強みがわかると言われますが、どのように聞いたらよいのか、どのように聞いたら答えていただけるのかご意見を伺いたいと思います。よろしくお願いします。」
とういうお話です。
無料登録は今すぐこちらをクリックして下さい
https://www.cacatokori.net/merumaga/the-cacatokori

【8月のセミナー情報】

8月6日土曜日 17時半より 【ズーム開催】
テーマは『売れるマーケティング入門』 
詳細は今すぐ下記をクリックしてください
https://www.cacatokori.net/blog/202207208834

【8月のオンラインセミナー】

8月24日水曜日 18時半より
テーマは『ご縁を大切に成功する方法』
https://www.cacatokori.net/blog/202207228845

【著作一覧】
https://www.amazon.co.jp/-/e/B0043T34ZM

【過去セミナーDVD】
過去、セミナーを収録したDVDのお求めはこちらからどうぞ
https://amzn.to/2KAvObF

弊社への【講演やセミナー依頼、経営相談】は今すぐこちらからどうぞ
https://www.cacatokori.net/contact

 

 

 

 - セミナー情報 , , , , ,